ワールド・トレーディング・エッジ
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

広告

2007年09月18日(火)

アメリカ株格安手数料 [世界の銘柄・マーケット情報]

昨日いつも取引している
【ATOM GLOBAL TRADING】

の方とスカイプで話をしていたら、アメリカ株の手数料を大幅に引き下げるようです。
http://atomglobaltrading.com/

1000株で往復10ドル(RealTickのチケットチャージ込み)
だそうです。 

ちなみに楽天証券でもアメリカ株を売買できるようですが、
1取引につき定額31.5ドル(税込)だそうです。
つまり往復63ドル!!



アメリカ株を売買する人ならRealTickの良さを知っているとおもいます。ディーリング用として最高レベルの株のプラットフォームです。

IntaractiveBroker や Tradestationと同じ手数料で、しかもリアルティックで売買できるのであればATOMで売買したほうがいいです。

なんといっても日本人がサポートしてくれるので助かります。
IntaractiveBrokerは残念ながら対応は日本時間だけなのでアメリカ時間はケアされていない点が残念です。

ちなみに先物についてもIntaractiveBrokerやTradestation並みの手数料で売買させてもらっています。

しかも売買プラットフォームも固定ではなく売買スタイルによっていくつも用意しています。

1.X_Trader
2.ストラテジーランナー
3.NinjaTrader
4.リアルティック
5.JTrader

このような点から私はお勧めNo1のブローカーです。
このようなブローカーの存在があるから安心して売買を行うことができます。

海外の株や先物であればクリアリング制度もしっかりしているので日本より安全です。


詳細については直接聞いてみてください。
(日本人しかいないので安心です)

support@atomglobaltrading.com

Posted at 09時52分 パーマリンク

2007年09月03日(月)

茅場町にオフィスを出します [世界の銘柄・マーケット情報]

今月中に茅場町に来店できるオフィスを出す予定です。

そこではここで紹介されている様々なソフトを実際ふれていただくことを目的としています。

私が売買しているDAXやS&Pなど実際にデモで売買してみるのが何より理解が早いです。

よく先物 = 怖いというイメージがあるようですが、株とまったく同じです。

最近あるナスダックのトレーダーと話していてわかりましたが、株は安全で先物は危険なのではという話があったので理解に苦しみました。

たとえば

S&PのETF   は SPY 
それに対して先物  は E-miniS&P

あたりまえですが、全く同じ動きをします。
なぜ私が先物を選ぶというかというと圧倒的に資金的に少額で取引できるからです。

E−mini S&Pは1ティック12.5ドルです。
それに対するデイトレードの場合の証拠金は500ドルです。

SPY で1ティック12.5ドルにするためには1250株単位で売買しなければいけません。

SPYは146ドルです

146ドル × 1250株 =182500ドル
株の場合デイトレードでは4倍まで使うことができるので上記の金額を4で割ってあげます。

182500ドル ÷ 4 = 45625ドルの証拠金が必要になります。(デイトレードの場合)

現株(ETF)の場合 45625ドル
先物の場合      500ドル 
同じ売買をするのに必要な資金は90分の1です。

さらにそれだけではありません。
次の問題は手数料です。

株の場合1000株でいくらという場合と1ショットいくらという場合に分けられます。どんなにやすいところでも上記の例ですと10ドル前後はかかります。

それに対して先物の場合は5ドルほどで売買できます。

つまり株の場合5000株とか1万株単位でやるにはいいのですが、少額の場合は圧倒的に先物のほうが有利な売買ができます。

証拠金・手数料両方とも先物に軍配があがります。
さらに詳細にしりたい場合は

http://atomglobaltrading.com/

に聞いてみてください。
日本人だけしかいないのでご安心を。

Posted at 06時41分 パーマリンク

2007年08月20日(月)

海外先物の利点 [世界の銘柄・マーケット情報]

海外の先物・・と聞けば、誰しもが怖くて手を出す勇気がないかと思います。

しかし、それは皆さんの固定概念に過ぎません。

下記に利点を挙げてみます。



1.日本市場とは比べものにならないくらいの高い出来高


2. ボラテリティが高く、エントリーチャンスが多い。


3.個別株で投資するよりも必要資金が非常に少なくてすむ。
同等の投資金額を用いて投資する場合、
先物の方がレバレッジ(テコの原理)を効かせることが出来るので、
効率的な資産運用が可能となる。


4.欧米のマーケット時間
  欧(EUREX)は日本時間の16時〜朝の5時
  米 は日本時間の22時半〜
なので、昼間、通常のサラリーマンをしながらでも、デイトレード可能。
(もちろん日中の疲れもあると思うので、例えば一日1時間という形で集中して場に入る。)


5.海外ブローカーを用いることで、非常に手数料が安い。
デイトレーダーや売買回数の多いシステムトレードを行う際、手数料が1ドル違うだけで、
結果に非常に影響を与える。



システムトレードにおける銘柄選択はとても重要です。
海外先物に対する固定概念を取り払ってみてください。
そこには非常に魅力ある銘柄が数多く存在します。

アメリカだからといって、言語に関して心配は要りません。
私も使用している海外ブローカーです。
日本人スタッフが丁寧に対応してくれるのでとても安心です。

アトム・グローバルトレーディング



ボーダレス時代の今、インターネットをフルに活かし、
日本だけでなく海外に目を向け、
売買チャンスを自ら切り開いていくことも重要だと私は考えます。




Posted at 18時01分 パーマリンク

2007年08月09日(木)

世界のFutures [世界の銘柄・マーケット情報]

画像(180x171)・拡大画像(562x535)

会社自体ではシステム売買の開発をおこなっていますが、私個人はデイトレーダーです。

メインの市場はEUREXのDAXです。

なぜDAXかというと世界中のマーケットをリサーチした結果DAX以上に激しく動くマーケットはないからです。

1ティック12.5ユーロでこのまえの暴落のときには300ティック〜400ティック動きます。

つい先日は、最後の30分で400ティック動いたときもありました。

上図は昨日一日のチャートです。

こんなマーケットは他にはありません。

出来高は1日で20万枚〜30万枚もあります。


海外に口座を開くことには非常に勇気が必要かと思います。
何よりも英語の壁が大きいのもわかります。
私自身そうでした。
しかし、衰退しているマーケットから抜け出し、流動性を求めるなら、
一歩踏み出さないことには何も始まりません。
今では勇気を持って外の世界に踏み出したことを非常によかったと実感しています。

もし取引してみたい人、興味のある方は下記まで問い合わせてみてください。
私の使っているブローカーです。

日本人が経営しているので言葉の問題は全くいりません。


http://atomglobaltrading.com/

Posted at 15時34分 パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

プロフィール

株式会社MKリサーチ

代表取締役

小山 満

大学のころから先物取引を始め個人投資家として5年間自己資金運用のみで生活、その後自己ディーラーに転身。現在も海外マーケットで運用する某取引員のプロディーラーを兼務。現在得意とするマーケットはDAXと為替。非常に短期の売買を繰り返すデイトレーダー。

プロディーラーとして活動と同時にMKリサーチ代表取締役としてシステムトレードの開発を行い、自社資金のシステム運用も行っている。個人投資家に代わり厳しくシステムをチェックし、優良なストラテジーを紹介すると同時に個人投資家でも機関投資家と同じようにシステムトレードを行えるよう海外サービスを日夜リサーチして最新の情報を届けています。

2017/9

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.