ワールド・トレーディング・エッジ
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

広告

2009年08月10日(月)

Tradestation 株式手数料 [海外ブローカー]

画像(269x320)・拡大画像(648x770)

Tradestation証券が株式手数料をフラットな手数料体系をはじめました。

http://www.tradestation.com/default_2.shtm

1回での支払い手数料なので株数には関係ありません。
これは従来からするとかなり安い手数料体系で、デイトレードをやる上では非常に助かります。

アメリカの株式の場合リベートモデル(流動性を提供した場合フィーをもらえる)のでワンショットでの手数料があれば売買するごとにトータル手数料がプラスに十分なります。

Tradestation8のプラットフォームであれば十分デイトレードができるプラットフォームで回線も安定しています。

以前の手数料であればIntaractivebrokerのほうがよかったのでTradestationは使っていなかったですが、この手数料体系が導入されたのであればアメリカ株をやる意味が十分でます。

Posted at 07時24分 パーマリンク

2009年04月18日(土)

Intaractivebrokers [海外ブローカー]

http://individuals.interactivebrokers.com/en/main.php
いろいろな海外のブローカーの中でトータル的な面を見て一番いいブローカーはやはりIntaractivebrokersになります。

日本の日経225先物・Optionの手数料も安く現物株の取引もできます。

また自動売買などもサードパーティーのソフトをいれれば可能です。

画像(320x187)・拡大画像(800x469)

Posted at 06時53分 パーマリンク

2009年04月17日(金)

TradeKing [海外ブローカー]

画像(320x221)・拡大画像(800x554)

http://www.tradeking.com/
アメリカ株・個別株オプションともに安いブローカーです。

世界的にオンラインブローカーの手数料は低下の一途です。

トレーダーにとってどんどん環境がよくなっていくのがよくわかります。

Posted at 23時42分 パーマリンク

2009年04月16日(木)

trademonster [海外ブローカー]

画像(320x222)・拡大画像(800x556)

https://www.trademonster.com/

アメリカ株、個別株Optionともに手数料の安いブローカーです。

Posted at 13時08分 パーマリンク

2009年04月15日(水)

Tradestation [海外ブローカー]

http://www.tradestation.com/default_2.shtm
トータル的な手数料の安さ
自動売買ができる会社です。

画像(320x182)・拡大画像(800x456)

Posted at 13時13分 パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

プロフィール

株式会社MKリサーチ

代表取締役

小山 満

大学のころから先物取引を始め個人投資家として5年間自己資金運用のみで生活、その後自己ディーラーに転身。現在も海外マーケットで運用する某取引員のプロディーラーを兼務。現在得意とするマーケットはDAXと為替。非常に短期の売買を繰り返すデイトレーダー。

プロディーラーとして活動と同時にMKリサーチ代表取締役としてシステムトレードの開発を行い、自社資金のシステム運用も行っている。個人投資家に代わり厳しくシステムをチェックし、優良なストラテジーを紹介すると同時に個人投資家でも機関投資家と同じようにシステムトレードを行えるよう海外サービスを日夜リサーチして最新の情報を届けています。

2017/11

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.