システムトレード最新ニュース!
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

プレスリリース受付

シストレナビでは、システムトレード・自動売買、及びそれらに付随・関連するサービス、製品についてのプレスリリースを受け付けております(無料/企業・団体に限ります)。
【こちらのプレスリリース掲載フォーム】より必要事項を入力の上、送信ください。

過去のプレスリリース一覧はこちらからご覧いただけます

2012年04月19日(木)

カブドットコム証券、2012年4月23日より株式・先物・オプション・FXに対応したAPI環境「kabu.com API」の提供開始 [証券]

カブドットコム証券は、2012年4月23日(月・大安)より、主要ネット証券で初めて株式・先物・オプション・FXに対応したAPI(Application Programming Interface)環境「kabu.com API」の提供を開始。

▼主要ネット証券初、機関投資家並のシステムトレード環境を個人投資家向けに提供〜 直接オンライン取引システムに発注できる「kabu.com API」の提供を開始 〜

これにより同社のユーザーは「kabu.com API」に対応したトレードツールを介し、高速・高機能な取引基盤へDMA(Direct Market Access)により近い形で発注することが可能となり、取引ツール開発業者においては、「kabu.com API」を利用することで、インターネットを介した接続容易性と、与信チェックや口座属性チェック等を備えた機能性により、低コストでトレードツールの開発が可能に。

画像(500x301)
カブドットコム証券株式会社は、2012年4月23日(月・大安)(予定)より、主要ネット証券で初めて株式・先物・オプション・FXに対応したAPI(Application Programming Interface)環境「kabu.com API」の提供を開始いたします。

近年、取引所システムの低レイテンシ化により板乗り速度が重要視される中、ヘッジファンド等機関投資家が行ってきたアルゴリズムトレードやミラートレードなど、システムトレードと言われる取引手法で取引したいと言うニーズが、プロップファームや個人投資家にも広まってきております。

当社オンライン取引システムは、独自の自動売買を含めた豊富な注文形態を持つ上、取引所コロケーション設備を利用した高速専用線にて取引所と接続しており、0.3ミリ秒以下のネットワークレイテンシを実現しております。
このたび、当社の高機能・高速なオンライン取引システムを利用するための手段として、これまでのWeb画面やkabuステーションとは全く異なる、システムへ直接接続して発注・照会が行えるAPI環境「kabu.com API」を準備いたしました。

当社のお客さまは、「kabu.com API」に対応したトレードツールを介して、高速・高機能な当社取引基盤へDMA(Direct Market Access)により近い形で発注することが可能となります。

また、取引ツール開発業者様においては、「kabu.com API」を利用することで、インターネットを介した接続容易性と、与信チェックや口座属性チェック等を備えた機能性により、低コストでトレードツールの開発が可能となります。
●「kabu.com API」の主な特長
・Webサービスの形式で提供されるため、ツール等への組み込みが容易に行えます。
・発注用のAPIだけでなく、注文照会、残高照会、リアルタイム時価配信等もAPIとして備えており、ツールの必要とするあらゆる情報取得が「kabu.com API」で完結できます。
・発注に伴う各種のチェック機能(認証チェック、発注可能額チェック、顧客属性チェック等)はAPI側に備わっており、API利用者側で複雑なチェックロジックを構築する必要はありません。
・従来より1秒保証として提供している高速な先物・オプションのオンライン取引システムのAPIをダイレクトに呼び出すため、Web画面を通して発注した場合より発注レイテンシが低減し、板乗り速度の向上が見込めます。

●「kabu.com API」利用イメージ
・個人投資家のお客さまが、「kabu.com API」対応の市販トレードツールによるシステムトレードで利用。
・プロップファームのトレーダー様が、自社取引ツールやRSS(RealTime Spreadsheet)に「kabu.com API」を組み込んで取引に使用。
・投資運用業者様が、自己の計算にて取引、ポジション管理に利用。
・投資助言・代理業者様が、ポートフォリオ管理支援ツール等に「kabu.com API」を組み込んでリアルタイムにポジション状況を把握し、顧客への助言に利用。

●「kabu.com API」対応商品
大証:日経225先物、日経225mini先物、日経225オプション
東証:TOPIX先物、 ミニTOPIX先物、TOPIX Core30先物、東証REIT指数先物
※株式(現物、信用)、FXにも順次対応してまいります。

●「kabu.com API」提供方法
当面は当社と個別に「kabu.com API 利用契約」を締結したトレードツール提供業者様向けに提供して参ります。当社のお客さまが「kabu.com API」を利用するためには、個人・法人問わず当社にて証券口座、信用口座、先物・オプション口座、FX口座を必要に応じてご開設いただき、「kabu.com APIサービス利用規定」にご同意いただいた上で、トレードツール提供業者様のツールを使用していただく形態となります。
トレードツールの提供方法・ご利用方法につきましては、トレードツール開発業者様からの申請に応じて別途審査等により許諾することを予定しておりますが、詳細につきましては今後順次ご案内いたします。

Posted at 15時37分 パーマリンク


2011年12月10日(土)

ひまわり証券、2012年1月31日(火)をもって、トレードシグナルのサービスを終了へ [外国為替]

画像(180x134)

ひまわり証券は、システムトレードの自動売買が可能なトレードツールとしてこれまで提供してきた「ひまわりトレードシグナル」のサービスを2012年1月31日(火)で終了へ。

これに先立ち、2011年12月9日(金)をもって、トレードシグナル有料版および無料トライアル版の申込を停止。

▼ひまわりトレードシグナル
▼「トレードシグナル」サービス終了および申込停止のお知らせ

「トレードシグナル」サービス終了および申込停止のお知らせ

この度、2012年1月31日(火)をもちまして、トレードシグナルのサービスを終了することとなりましたのでお知らせいたします。また、これに先立ち、2011年12月9日(金)をもちまして、トレードシグナル有料版および無料トライアル版の申込を停止いたします。

これまで多くのお客様にご利用いただき、誠にありがとうございました。

サービス終了までに解約申込をされるお客様は、所定のページよりお手続きをお願いいたします。

解約申込方法(お申込ガイドP27〜30をご参照ください)

2011年12月中に解約申込をされた場合、12月31日(土)までご利用いただけます。
サービス終了までご利用される場合は解約手続きは必要ございません。
(2012年1月分までの利用料金は発生いたします)
※すでに解約申込をいただいているお客様につきましては、再度お手続きいただく必要はございません。

お客様にはご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございませんが、ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたらご連絡ください。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

フリーコール:0120-86-9686(08:00〜18:00 ※土日祝日を除く)

Posted at 00時16分 パーマリンク


2011年11月10日(木)

岡三オンライン証券、くりっく365専用RSS(リアルタイムスプレッドシート)「RSS 365FX」の提供開始 [外国為替]

画像(180x134)

岡三オンライン証券株式会社は、2011年11月13日(日)より、岡三オンラインFX(くりっく365)専用 RSS(リアルタイムスプレッドシート)「RSS 365FX」の提供開始。
RSS 365FX は、Excelを利用してリアルタイムの情報取得から取引まで行えるアドインツール。リアルタイムの相場情報の取得や発注のための関数などを Excel に追加することで、Excel上でマーケット情報の表示や各種注文が可能となり、使い慣れた「if」や「vlookup」といった関数と組み合わせれば、さまざまな条件に沿った情報の加工や発注ができ、特別なプログラム知識がなくても、自分なりの条件をシステムトレードに応用することも可能。

▼「RSS 365FX」提供開始のお知らせ〜Excelで自由自在にFXトレード
▼岡三オンライン証券 RSS365FX専用サイト

「RSS 365FX」の特徴
(1) Excel上で、為替レートなどのリアルタイム情報の取得や取引が可能
(2) Excelだから、使い慣れた関数で独自のシステムトレードに応用可能
(3)「岡三RSS」と組合せて、今までにないストラテジーの構築も可能

Posted at 15時07分 パーマリンク


2011年04月21日(木)

マネックスグループ、米国NASDAQ上場のネット証券TradeStation Group株式を取得し米国進出へ [その他]

画像(180x134)

マネックスグループは、米国のオンライン証券グループである TradeStation Group, Inc. (本社:米国フロリダ州、代表者:Salomon Sredni, CEO and President、米国 NASDAQ 上場:TRAD、以下「トレードステーション社」)株式の公開買付け(以下「本公開買付け」)およびそれに続く現金を対価とする合併により買収(以下「本件買収」)することについて、本日トレードステーション社と合意。

▼米国のオンライン証券 TradeStation Group, Inc.株式の取得について(PDF)
▼マネックスグループ
▼TradeStation Group

1. 株式取得の目的等

(1)株式取得にいたる背景およびその目的

当社グループについて
当社グループは、当社の完全子会社であるマネックス証券株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 CEO 松本大、以下「マネックス証券」)を中心として、1999 年の株式委託手数料の完全自由化以来、日本のオンライン証券の草分け的存在として、個人投資家に対し先進的で独自性のある金融サービスを提供してまいりました。マネックス証券は現在 120万以上の口座を有する世界有数のオンライン証券となっています。
中国における経済および資本市場の成長は顕著かつ持続的であり、また、国外の証券取引所の国境を越えた合従連衡とそれに伴う投資家の投資選好のボーダーレス化が加速する環境をふまえ、当社グループはグローバルな商品・サービスの強化に加えて、顧客基盤のグローバル化、ビジネス領域のグローバル化に努めてまいりました。具体的には、2008 年以降、北京における駐在員事務所の開設、香港における BOOM 証券グループの買収など、中国における事業展開を進めるとともに、さらなるビジネス領域の拡大・グローバル化の要として、米国における事業展開を模索してまいりました。

トレードステーション社について
グローバル展開の本格化として、今回のトレードステーション社の株式取得を通じた米国進出は極めて重要な一歩であると考えております。同社は、米国市場に株式を公開するオンライン証券会社 6 社のうちの1社で、米国を中心に主に個人投資家向けに証券サービスを展開しており、Dow Jones 発行の投資家向け金融
情報紙「Barron's」における 2011 年オンライン証券セクターで総合1位にランクされるなど輝かしい実績と評価を有しています。業界でも競争力のある手数料体系で、自社の有する高度な技術開発力による定評のあるトレーディング・プラットフォームを生かし、主に株式や先物オプションを取引するアクティブトレーダー層へのサービスとしては米国市場で2のリーダー的存在であると当社は考えております。

本件買収の意義:事業展開における相乗効果
同社株式の取得は、当社グループのグローバル化の一環としての米国市場への進出のみならず、技術力・顧客基盤・収益基盤について当社グループと補完関係が構築できること、日本や中国でのアクティブトレーダー層への展開において同社の技術開発力を活用できること、米国市場での経験豊富なマネジメントや IT 技術者と協働できることなど、当社グループとしての中長期的な成長、企業価値の向上に大きく貢献する、意義の大きい戦略的アクションと位置づけています。具体的には、新たな収益基盤の確保および地域分散によるグループ全体の収益力強化、同社との共有プラットフォームによる固定的費用の抑制、グローバルな 24 時間取引への対応、グローバルな経営執行体制の構築など、さまざまな相乗効果
が考えられます。

本件買収の意義:経営成績におけるプラス効果
トレードステーション社の 2010年12月期業績は、純営業収益が 128.9 百万米ドル、純利益が 11.4 百万米ドルであり、連結子会社化後当社連結業績にプラスに寄与し、中長期的にも当社業績に大きく貢献すると見込んでおります。同期間における両社合算の収益ポートフォリオでは、日本からの収益が 65%、米国 29%、その他地域 6%となり、収益の地域分散が可能となります。中期的には、両社の共有プラットフォームの構築などにより両社合算の現在の固定費 20%の削減、および営業利益率を 40%まで向上させることを目標としてまいります。

Posted at 10時14分 パーマリンク


2010年12月29日(水)

トレイダーズフィナンシャル、12/28よりシステムトレードの自動売買ソフト開発代行サービスを開始 [その他]

画像(180x134)

トレイダーズフィナンシャルは、同社運営の「システムトレード.com」にて2010年12月28日(火)より、システムトレードの自動売買ソフト開発代行サービスを開始。当サービスはユーザーから投資アイディア(投資戦略)を聞いた上で、その投資アイディア通りに完全自動売買できる投資プログラムを制作するというもの。

▼トレイダーズF:自動動売買ソフト開発代行サービス開始
▼開発代行サービスとは?

【開発代行:当社独自の強み】

開発代行サービスとは、お客様から投資アイディア(投資戦略)をお聞きして、その投資アイディア通りに完全自動売買できる投資プログラムを制作するサービスです。
人間の感情が入り込まず自動で売買してくれるシステムトレードを行いたいが自分でシステム化できない、という方は開発代行サービスをぜひご利用ください。

金融のプロが開発
当社は金融庁の登録を受けた金融業者です。金融知識をもったプロのスタッフがお客様の投資アイディアをシステム化しますので、プログラミングの技術だけが優れている開発代行業者よりもスムーズに開発が進められます。

きめ細やかなサポート体制
お客様の投資アイディアに関して認識のずれがないよう、充分なヒアリングを行わせていただきます。また、納品後に万が一不具合が発見された場合には、60日間無償で修正させていただきます。

守秘義務を厳守
開発に着手する前に機密保持契約を締結させていただきます。お客様からお預かりした投資アイディアが漏洩することはございません。信頼のもと、ファンド用のシステムを開発代行させていただいた実績もございます。

上場企業のグループ会社
当社は上場企業のグループ会社です。開発が中断したり開発業者と連絡がとれなくなってしまうというようなトラブルも聞きますが、当社ではそのようなことは一切ございません。安心してお問合わせください。

Posted at 14時19分 パーマリンク


2010年12月06日(月)

トレイダーズ証券、12月3日より店頭FXにて自動売買ツール「みんなのシストレ」提供開始、専用ソフトは関連会社にて販売開始 [外国為替]

画像(180x134)

トレイダーズ証券は、店頭FXのオンライン取引「FXスタジアム」において、2010年12月3日(金)より自動売買ツール「みんなのシストレ」の提供開始。
「みんなのシストレ」は、専用ソフトを設定し稼働させるだけで自動売買が行える取引ツールで、取引の発注判断はサーバーで管理されるため、ソフトを設定後はパソコンの電源を切っていても自動売買が行えれるのが特長。

なお、「みんなのシストレ」で稼働させる専用ソフトは、グループ会社のトレイダーズフィナンシャル運営の「システムトレード.com」にて2010年12月6日(月)より販売開始。

▼トレイダーズ証券「みんなのシストレ」リリースのお知らせ
▼トレイダーズ証券

Posted at 21時05分 パーマリンク


2010年10月08日(金)

カカクコム・フィナンシャル、Javaを使った自動売買対応の新サービス「kakakuFX Mk-2」提供開始、MT4/MT5コンバータも搭載 [外国為替]

画像(180x134)

カカクコム・フィナンシャルは、10月下旬より外国為替証拠金取引の新サービス「kakaku FX Mk-2」を提供開始。「kakaku FX Mk-2」はシステムトレードにフル対応、オブジェクト指向プログラミング言語Javaを使用して自動売買や、インディケーター(カスタム指標)のプログラムの作成、取引プラットフォームに標準で用意された MetaTrader4及びMetaTrader5のコンバーターにより、エキスパートプログラム (MQL4/MQL5) を動作させることなどが可能。

▼カカクコム・フィナンシャル「kakaku FX Mk-2」

JForex プログラミング
オブジェクト指向プログラミング言語Javaを使用してストラテジー(自動売買)やインディケーター(カスタム指標)のプログラムを作成することが可能です。
ティック単位でのハイレスポンスな自動売買を行うことや、お客様独自のアルゴリズムを実装したカスタム指標をチャートに挿入することなどでお取引の幅はますます広がります。

MT4/MT5コンバート
取引プラットフォームに標準で用意されたコンバータにより、 MetaTrader4及びMetaTrader5のエキスパートプログラム(MQL4/MQL5) を動作させることが可能です。

ヒストリカル・テスター
テストに必要な各種データを取得し、作成したストラテジー(自動売買)プログラムの検証を行うことができます。
ストラテジー(自動売買)プログラムの実行時パラメータの最適な組み合わせを見つけ出す『最適化』機能も利用可能です。

Posted at 23時55分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル

ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

 

2017/4

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

シストレナビ、オフィシャルブログにて高橋謙吾氏による『シストレマスターへの道』掲載開始

シストレナビ、オフィシャルブログにて高橋謙吾氏による『シストレマスターへの道』掲載開始

シストレナビ、オフィシャルブログにて豊嶋久道氏による『基礎から学ぶシステムトレード』掲載開始

シストレナビ、オフィシャルブログにて豊嶋久道氏による『基礎から学ぶシステムトレード』掲載開始

FXCMジャパン、らくちんFXサービスのシステム情報交換等のコミュニティサイトを公開

FXCMジャパン、らくちんFXサービスのシステム情報交換等のコミュニティサイトを公開

カテゴリーリスト

最近のリリース

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.