システムトレード最新ニュース!
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

プレスリリース受付

2012年04月19日(木)

カブドットコム証券、2012年4月23日より株式・先物・オプション・FXに対応したAPI環境「kabu.com API」の提供開始 [証券]

カブドットコム証券は、2012年4月23日(月・大安)より、主要ネット証券で初めて株式・先物・オプション・FXに対応したAPI(Application Programming Interface)環境「kabu.com API」の提供を開始。

▼主要ネット証券初、機関投資家並のシステムトレード環境を個人投資家向けに提供〜 直接オンライン取引システムに発注できる「kabu.com API」の提供を開始 〜

これにより同社のユーザーは「kabu.com API」に対応したトレードツールを介し、高速・高機能な取引基盤へDMA(Direct Market Access)により近い形で発注することが可能となり、取引ツール開発業者においては、「kabu.com API」を利用することで、インターネットを介した接続容易性と、与信チェックや口座属性チェック等を備えた機能性により、低コストでトレードツールの開発が可能に。

画像(500x301)
カブドットコム証券株式会社は、2012年4月23日(月・大安)(予定)より、主要ネット証券で初めて株式・先物・オプション・FXに対応したAPI(Application Programming Interface)環境「kabu.com API」の提供を開始いたします。

近年、取引所システムの低レイテンシ化により板乗り速度が重要視される中、ヘッジファンド等機関投資家が行ってきたアルゴリズムトレードやミラートレードなど、システムトレードと言われる取引手法で取引したいと言うニーズが、プロップファームや個人投資家にも広まってきております。

当社オンライン取引システムは、独自の自動売買を含めた豊富な注文形態を持つ上、取引所コロケーション設備を利用した高速専用線にて取引所と接続しており、0.3ミリ秒以下のネットワークレイテンシを実現しております。
このたび、当社の高機能・高速なオンライン取引システムを利用するための手段として、これまでのWeb画面やkabuステーションとは全く異なる、システムへ直接接続して発注・照会が行えるAPI環境「kabu.com API」を準備いたしました。

当社のお客さまは、「kabu.com API」に対応したトレードツールを介して、高速・高機能な当社取引基盤へDMA(Direct Market Access)により近い形で発注することが可能となります。

また、取引ツール開発業者様においては、「kabu.com API」を利用することで、インターネットを介した接続容易性と、与信チェックや口座属性チェック等を備えた機能性により、低コストでトレードツールの開発が可能となります。
●「kabu.com API」の主な特長
・Webサービスの形式で提供されるため、ツール等への組み込みが容易に行えます。
・発注用のAPIだけでなく、注文照会、残高照会、リアルタイム時価配信等もAPIとして備えており、ツールの必要とするあらゆる情報取得が「kabu.com API」で完結できます。
・発注に伴う各種のチェック機能(認証チェック、発注可能額チェック、顧客属性チェック等)はAPI側に備わっており、API利用者側で複雑なチェックロジックを構築する必要はありません。
・従来より1秒保証として提供している高速な先物・オプションのオンライン取引システムのAPIをダイレクトに呼び出すため、Web画面を通して発注した場合より発注レイテンシが低減し、板乗り速度の向上が見込めます。

●「kabu.com API」利用イメージ
・個人投資家のお客さまが、「kabu.com API」対応の市販トレードツールによるシステムトレードで利用。
・プロップファームのトレーダー様が、自社取引ツールやRSS(RealTime Spreadsheet)に「kabu.com API」を組み込んで取引に使用。
・投資運用業者様が、自己の計算にて取引、ポジション管理に利用。
・投資助言・代理業者様が、ポートフォリオ管理支援ツール等に「kabu.com API」を組み込んでリアルタイムにポジション状況を把握し、顧客への助言に利用。

●「kabu.com API」対応商品
大証:日経225先物、日経225mini先物、日経225オプション
東証:TOPIX先物、 ミニTOPIX先物、TOPIX Core30先物、東証REIT指数先物
※株式(現物、信用)、FXにも順次対応してまいります。

●「kabu.com API」提供方法
当面は当社と個別に「kabu.com API 利用契約」を締結したトレードツール提供業者様向けに提供して参ります。当社のお客さまが「kabu.com API」を利用するためには、個人・法人問わず当社にて証券口座、信用口座、先物・オプション口座、FX口座を必要に応じてご開設いただき、「kabu.com APIサービス利用規定」にご同意いただいた上で、トレードツール提供業者様のツールを使用していただく形態となります。
トレードツールの提供方法・ご利用方法につきましては、トレードツール開発業者様からの申請に応じて別途審査等により許諾することを予定しておりますが、詳細につきましては今後順次ご案内いたします。

Posted at 15時37分 パーマリンク


2010年04月16日(金)

岡三オンライン証券、「岡三RSS(完全自動発注版)」を6月1日に正式リリース、4月16日より事前モニターも募集 [証券]

画像(180x134)

岡三オンライン証券は、「岡三RSS(完全自動発注版)」を6月1日(火)に正式リリース。
また岡三RSS(完全自動発注版)の正式リリースに先立ち、いち早く完全自動発注版を体感したいという投資家向けに、4月16日(金)より事前モニターを300名募集。

▼岡三RSS完全自動発注版リリースとモニター募集
▼岡三オンライン証券
▼岡三RSS

Posted at 16時48分 パーマリンク


2009年03月19日(木)

岡三オンライン証券、4月17日からExcelを利用しリアルタイムでの情報取得から取引まで可能な「岡三RSS」の提供開始 [証券]

画像(180x134)

岡三オンライン証券は、「岡三ネットトレーダー」シリーズの姉妹版として、4月17日から「岡三デスクトップ」および「岡三RSS」の提供を開始。

「岡三デスクトップ」は、情報閲覧や取引などの各種ガジェットから構成されている新しいタイプのトレーディングツールで、「岡三RSS」は、Excelを利用してリアルタイムでの情報取得から取引まで行うことができるアドインツール。マーケット情報や株価情報などをリアルタイムで取得してExcelに表示することができるだけでなく、情報の加工や発注まで行えるため、システムトレードへの応用が可能。

▼「岡三デスクトップ」および「岡三RSS」提供開始のお知らせ

▼岡三RSS

「岡三RSS」を利用すると、Excel(R)上で板情報やクォート、歩みなど各種リアルタイム情報が表示できます。システムトレードへの応用が可能な四本値は、日足なら過去3年分の取得が可能です。また、当日の注文・約定情報、保有銘柄の取得やExcel(R)上から直接発注もできるほか、IF関数などExcel(R)で定義された関数を利用することで逆指値などの特殊注文のロジックも簡単に作成できます。岡三RSSからの発注は、日本株取引※(現物、信用)および先物・オプション取引(日経225先物、日経225mini、日経225オプション)に対応しています。
また、関数入力ダイアログボックスを利用すれば関数を直接入力することなしに、株、先物・オプションのリアルタイム情報をExcel(R)上に表示できます。

Posted at 21時52分 パーマリンク


2008年11月28日(金)

マネックス証券、プログラムトレード機能を無料トレーディングツール「マネックストレーダー」でも利用可能に [証券]

画像(180x134)

マネックストレーダー

マネックス証券は、これまで「マネックストレーダープロα (月額利用料:2,400円)」だけに搭載していたプログラムトレード機能を無料トレーディングツール「マネックストレーダー」でも利用可能に。

▼ついに無料開放!時代は「プログラムトレード」だ!?
▼マネックストレーダーのプログラムトレード機能の詳細

新時代のトレード手法!これがプログラムトレードだ
プログラムトレード機能は、売買タイミングや銘柄選択等のルールを定量的に定め、それに従って売買するようなトレード手法。

ルールに基づいて機械的に取引するので、感情に流されて判断を誤るリスクを減らしたり、始終マーケットを注視せずに望んだタイミングで取引できる等の利点があります。

Posted at 21時23分 パーマリンク


2008年06月24日(火)

岡三オンライン証券、バックテスト機能等を搭載した「岡三ネットトレーダープレミアム」をリリース [証券]

画像(180x134)

岡三オンライン証券は、6月19日付けでトレーディングツール「岡三ネットトレーダープレミアム」を提供開始、同日より専用サイトを公開し、翌20日よりツールダウンロード開始。6月6日にリリースされた「岡三ネットトレーダー」からの追加機能として、(1)分析チャート:バックテスト機能、(2)資産管理機能:ポートフォリオ などを新たに搭載し操作性を向上させた高機能版ツールとして提供。

▼「岡三ネットトレーダー プレミアム」提供開始
▼岡三ネットトレーダープレミアム(専用サイト)

同社では、この高機能かつ最先端のトレーディングツールを広く投資家にご利用していただくため、同ツールの利用料を平成20年12月末まで無料に(平成21年1月以降の利用料金や無料条件については、決定次第お知らせ)。

Posted at 15時40分 パーマリンク


2007年04月20日(金)

GMOインターネット熊谷社長、自身のブログで子会社証券でのウェブサービスAPIの公開について言及 [証券]

画像(180x140)

クマガイコム

GMOインターネット証券の親会社であるGMOインターネット代表取締役会長兼社長熊谷は、自身のブログ4月5日付けで「GMOインターネット証券:ウェブサービスAPIの公開」について言及。

株は3月末に「APIの公開」を行い既に数十名の方はAPI経由でログインしているとのこと。
以降先物については4月下旬、FXについては6月にAPI公開予定。

▼【GMOインターネット証券】ウェブサービスAPIの公開について(クマガイコム)
▼GMOインターネット証券:今後のサービス展開
▼社長ブログ2.0(GMOインターネット証券社長のブログ)

まず、GMOインターネット証券は、当グループの高度な技術力を活かし、ゼロからスクラッチで開発をいたしました。
私達には、既存のネット証券にない2つの強みがあります。

(1)低コスト・・・オープンソースを主体とした自社開発システム、ビジネスフローの簡素化、少人数による運営
(2)高度な技術力・・・国内唯一のシングル・サインオン(ログインID一元管理方式)の実現、日本初の「ウェブサービスAPI」の公開等

結果として、業界最低水準の手数料体系を実現しています。しかしながら、手数料が安いことは顧客満足度を上げる上で非常に重要ですが、ただ手数料が安いだけでは、いずれ企業として存在価値が問われますよね。
私達の最大の差別化は今回実現した「ウェブサービスAPIの公開」です。
これにより、多少プログラムの知識がある方は、オリジナルのシステムトレードツール(自動売買ソフト)を開発し、接続出来ます。
つまり、今まで機関投資家やヘッジファンドしか出来なかったプログラムによる「システムトレード」が個人投資家でも可能になるのです。

Posted at 22時21分 パーマリンク


2007年03月05日(月)

ISID、マネックス証券向け日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツールを構築 [証券]

画像(180x134)

YesStock Inc.

株式会社電通国際情報サービス(東京都港区、資本金:81億8050万円、代表取締役社長:水野紘一、略称:ISID)は、マネックス証券株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:松本大、以下:マネックス証券)のリアルタイム・トレーディングツール『マネックストレーダー』シリーズを構築。本システムの稼動は2007年4月を予定。なおシステムトレード機能は、韓国において多数の導入実績のあるYesStock Inc.(代表者:Jooh Dokko)のプロダクトを採用。

▼ISID、マネックス証券向け日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツール『マネックストレーダー』シリーズを構築
▼電通国際情報サービス(ISID)

<YesStock会社概要>
社名 : YesStock Inc.
代表者 : CEO Joon Dokko
本社 : 2F, Heiju Bldg., 837-7, Yoksam-Dong, Gangnam-Gu, Seoul, Korea
U R L : http://www.YesStock.com/
設立 : 1991年
資本金 : 7億7,000万ウォン
連結従業員 : 25人
連結売上額 : 20億ウォン(2006年) 
事業内容 : ・証券投資情報のプログラム開発・システムトレードの開発及びASPサービス・証券投資情報のコンテンツサービス(売買シグナルサービス)

Posted at 16時02分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル

ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

 

2017/4

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

サザインベストメント、トレードステーションからGFTへの接続が可能に、為替(FX)からの自動売買に対応

サザインベストメント、トレードステーションからGFTへの接続が可能に、為替(FX)からの自動売買に対応

エイチ・エス・フューチャーズ、6月にシステムトレードツール「MultiCharts for CX」の提供開始

エイチ・エス・フューチャーズ、6月にシステムトレードツール「MultiCharts for CX」の提供開始

ISID、マネックス証券向け日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツールを構築

ISID、マネックス証券向け日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツールを構築

カテゴリーリスト

最近のリリース

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.