システムトレード最新ニュース!
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

プレスリリース受付

2010年02月16日(火)

アサヒトラスト、3月上旬にシステムトレード用プラットフォーム「X_TRADER Pro」提供開始 [商品先物]

画像(180x134)

アサヒトラストは、3月上旬にシステムトレード用プラットフォーム「X_TRADER Pro」を提供開始。「X_TRADER Pro」ではアルゴリズムトレードでの高速発注やExcelのDDE機能、Autotrader、Autospreaderなど様々な自動売買機能の他、トレーダー独自のストラテジーを思い通りに表現できるAPIライブラリなど搭載。対象市場は東京工業品取引所の商品先物10銘柄で、月額利用料は12.2万〜15.7万/月(為替レートにより変動)。

▼システムトレード用プラットフォーム「X_TRADER Pro」
▼株式会社アサヒトラスト



【X_TRADERとは】
Trading Technologies International, Inc. が開発した高性能トレーディングプラットフォームになります。このソフトはISV型のトレーディングツールになりますがその性能は世界TOPレベルであり、世界の投資銀行やファンド、プロップファームに利用されています。自動売買機能においてはAutotraderTMによってExcel上で作成したストラテジーに基づき自動発注が可能。APIライブラリを搭載しているためC言語やJAVAなどによるアルゴリズムトレードの開発が行える機能も持ち合わせています。世界の四大先物取引所における電子取引の50%以上がX_TRADERから発注されています。

Posted at 12時59分 パーマリンク


2009年05月18日(月)

エイチ・エス・フューチャーズ、6月にシステムトレードツール「MultiCharts for CX」の提供開始 [商品先物]

画像(180x134)

エイチ・エス・フューチャーズは、6月上旬にシステムトレード用プラットフォーム「MultiCharts」をリリース予定(CX・商品先物版。過去のバックテストはもちろん、最適化機能、ドローイングツール、アラーム機能など様々な分析機能の他、自身の投資戦略を思い通りに表現できるストラテジーを搭載。

▼6月にシストレツール「MultiCharts for CX」の提供開始
▼MultiCharts for CX
▼MultiCharts.jp(スイングウェバー)

【MultiChartsとは】

『Multicharts』という相場分析ソフトウェアになります。このソフトはいわゆるチャートソフトになりますが、その性能は世界TOPレベルであり、簡易言語を搭載しているためシミュレーションによるバックテストならびに最適化が短時間で容易にできる特殊な機能も持ち合わせています。さらには、シミュレーションが弾き出すシグナルをリアルタイムにチャート表示可能。世界でも数少ない機能を持ち合わせた総合トレーディングソフトとなります。

Posted at 17時56分 パーマリンク


2008年10月16日(木)

タイコム証券、10/20より商品先物システムトレードツール「スナイパープロ」が自動発注機能に対応 [商品先物]

画像(180x134)

スナイパープロ

タイコム証券は同社が提供する商品先物システムトレードツール「スナイパープロ」完全自動売買(自動発注機能)に対応し、10月20日より正式リリース。

同システムでのプログラムはパワーランゲージという言語を使用。また売買アイディアがあれば、プログラム代行・添削を無料でサポートも。

▼Sniper Pro 10月20日より完全自動売買リリース
▼商品先物オンライントレードシステム TRADE-PRO

業界初!スナイパープロでのシステムトレード自動売買スタート
10月20日より弊社システムトレードツール「スナイパープロ」自動売買を開始いたします。

「日中働いているからシステムで自動売買したい!」
「自分のアイディアで的確にトレードしたい!」
「複数のプログラムで同時に運用したい!」
「自己の裁量売買では限界が…システムトレードにチャレンジしたい!」
このようなことが実現!!

モニター期間中にいただきました、多数のご意見を参考に、今後ともサポートさせていただきます。この機会にシステムトレードにチャレンジしてみてはいかがですか?

Posted at 22時10分 パーマリンク


2008年08月15日(金)

タイコム証券、システムトレードツール「スナイパープロ」が8/18より自動発注機能に対応 [商品先物]

画像(180x134)

スナイパープロ

タイコム証券は同社が提供する商品先物システムトレードツール「スナイパープロ」の一般リリースに向け、モニター参加者の中から30名に限り、8月18日より業界初の完全自動売買を開始(自動発注機能に対応)。
同システムでのプログラムはパワーランゲージという言語を使用。


▼システムトレードツール「Sniper-Pro」、8/18自動発注機能対応
▼[関連記事] タイコム証券、システムトレードツール「スナイパープロ」を開発
▼タイコム証券

スナイパープロでのシステムトレード自動売買!!

タイコム証券では、弊社システムトレードツール「スナイパープロ」の一般リリースに向けて多くの方々にモニターに参加していただいております。この度、モニター参加者の中から限定30名様に8月18日より業界初の完全自動売買を体験していただきます。
今後の一般リリースに向けて引き続きモニター参加者を募集しております。「複数のプログラムで同時に運用したい」など多くの皆様のご意見を取り入れてパワーUPしている「スナイパープロ」。この機会にシステム売買にチャレンジしてみてはいかがですか?
お申込みご希望の方は<【スナイパープロ自動売買モニター】ご利用の手順>をご参照ください。

スナイパープロで作成・検証したプログラム(売買シグナル)を起動させますと、自動的に「注文」画面に入力されます。発注するシグナル・口座を指定(現在は1口座のみ)して確認の上、注文してください。
(複数のシグナルで売買する場合は、チャートを追加するかスナイパープロを複数起動してください。)

Posted at 15時18分 パーマリンク


2008年01月18日(金)

オスピス、1/18よりシステムトレード情報「TOPSCOLA Commodity」のサービスを無料化へ [商品先物]

画像(180x134)

システムトレード情報サービスを提供するオスピスは、1月18日より商品先物を分析対象とする情報コンテンツ「TOPSCOLA Commodity(トップスコーラ コモディティ)」のサービスを無料化に。TOPSCOLA Commodityは、金や原油など、商品先物市場で代表的な9品目と3種類の売買モデル(=売買条件の集合体)の組み合わせで、合計27種類の投資戦略を提供。尚、TOPSCOLA Commodityの利用について要メンバー登録。

▼商品先物向けシストレ情報サービス無料化について
TOPSCOLA Commodity(トップスコーラコモディティ)

■TOPSCOLA(トップスコーラ)とは
当社が開発したTOPSCOLA(トップスコーラ)とは、システムトレードをベースにした投資情報コンテンツです。複数の投資対象と投資戦略の組み合わせから、運用パフォーマンスと現在の売買指針(以下売買シグナルと呼びます)という情報を、Web上とメールで配信します。利用者は過去の運用パフォーマンスを吟味した上で、売買シグナルを取得できる仕組みになっており、売買シグナルの取得には通常、一定の利用条件や利用料を設定しています。
TOPSCOLAは外国為替版(TOPSCOLA-Forex)、株価指数先物版(TOPSCOLA-Index)をリリースしており、また証券会社の顧客向け情報サービスコンテンツとして、ひまわり証券株式会社(外国為替版、株価指数先物版)、日興コーディアル証券株式会社(外国為替版)に対しASPモデルとして提供しております。

Posted at 15時37分 パーマリンク


2007年11月30日(金)

タイコム証券、11/22よりシステムトレードツール「スナイパープロ」のモニター募集を開始(商品先物対象) [商品先物]

画像(180x134)

スナイパープロ

タイコム証券はシステムトレードツール「スナイパープロ」の自動売買モニターを11月22日より募集を開始。モニター開始は12月10日より。「スナイパープロ」は国内商品先物市場(銘柄)が対象で自動発注機能については準備中(リリース予定)。

▼「スナイパープロ」モニター参加者募集=タイコム証券
▼スナイパープロ簡易マニュアル(PDF)
▼スナイパープロ プログラムの図書館

スナイパープロでのシステムトレード自動売買!!

スナイパープロのプログラム・検証モニターの方々から貴重なご意見をいただき、いよいよ商品業界初となる完全自動売買のモニター募集を開始します。
お申込みご希望の方は<【スナイパープロ自動売買モニター】ご利用の手順>をご参照ください。

スナイパープロで作成・検証したプログラム(売買シグナル)を起動させますと、自動的に「注文」画面に入力されます。発注するシグナル・口座を指定(現在は1口座のみ)して確認の上、注文してください。
(複数のスナイパープロを起動させますと、複数のシグナルで売買ができます。)

Posted at 18時03分 パーマリンク


2007年05月30日(水)

タイコム証券、システムトレードツール「スナイパープロ」を開発、自動発注機能は今夏リリース予定 [商品先物]

画像(180x134)

スナイパープロ

タイコム証券は「ロビンス-タイコム先物チャンピオンシップ(商品先物)」参加者のみに限定した形で、商品先物システムトレードツール「スナイパープロ」をリリース。当該システムの開発には2年の歳月をかけた、とのこと。尚、自動発注機能については今夏リリース予定で、プログラムはパワーランゲージという言語を使用。

▼システムトレードツール「スナイパープロ」を開発
▼シナリオトレード検証日記(スナイパープロを使用)
▼ロビンス-タイコム先物チャンピオンシップ
▼タイコム証券

<システムトレードって何?>

システムトレードとは、簡単に言えば、自分の売買ルールやテクニカル指標に基づいて、機械的にトレードする方法です。それなら、「逆指値などの特殊注文でできるのでは?」という方、それはシステムトレードの入口にすぎません。

タイコム證券が目指すシステムトレードは、自分でテクニカル指標や売買ルールを構築することはもちろん、過去のデータに基づいて結果の検証もできます。さらには、それらのシグナルに従って、自動的に注文を出す機能も現在開発中です。

システムトレードは実現できれば夢のようなシステムですが、これまで個人レベルで行うには資金的にも技術的にもハードルが高かったのです。

そこで、タイコム証券では実に2年の歳月をかけて開発しリリースできる段階まで漕ぎ着けました。
システムトレードを使いこなせれば、投資の幅はグンと広がります。

スナイパープロご利用の手順

▲今回ご利用対象者 : ロビンス-タイコム先物チャンピオンシップ参加者先行リリース
▲次回ご利用対象者 : 既商品口座開設者
(1)弊社よりロビンス-タイコム先物チャンピオンシップ参加者全員に6月7日(木)発送郵便で、スナイパープロご利用案内および覚書をお送り致します。
(2)覚書に必要事項を記入の上ご返送ください。
(3)覚書到着後、ご利用環境が整いましたら、弊社よりメールにてご連絡いたします。

Posted at 23時40分 パーマリンク


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル

ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

 

2017/10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

オートマチックトレード、日経225先物用システム「オートレ225」を開発、自動発注は9月中旬に提供予定

オートマチックトレード、日経225先物用システム「オートレ225」を開発、自動発注は9月中旬に提供予定

FXキング、4月23日より取引システムDealBook360(GFT系)での自動売買機能に対応

FXキング、4月23日より取引システムDealBook360(GFT系)での自動売買機能に対応

パンローリング、情報サイト「システムトレードS-1 MAX CLUB」を開設、実践者プレミアムレポートも提供

パンローリング、情報サイト「システムトレードS-1 MAX CLUB」を開設、実践者プレミアムレポートも提供

カテゴリーリスト

最近のリリース

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.