システムトレード最新ニュース!
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

プレスリリース受付

2007年04月20日(金)

GMOインターネット熊谷社長、自身のブログで子会社証券でのウェブサービスAPIの公開について言及 [証券]

画像(180x140)

クマガイコム

GMOインターネット証券の親会社であるGMOインターネット代表取締役会長兼社長熊谷は、自身のブログ4月5日付けで「GMOインターネット証券:ウェブサービスAPIの公開」について言及。

株は3月末に「APIの公開」を行い既に数十名の方はAPI経由でログインしているとのこと。
以降先物については4月下旬、FXについては6月にAPI公開予定。

▼【GMOインターネット証券】ウェブサービスAPIの公開について(クマガイコム)
▼GMOインターネット証券:今後のサービス展開
▼社長ブログ2.0(GMOインターネット証券社長のブログ)

まず、GMOインターネット証券は、当グループの高度な技術力を活かし、ゼロからスクラッチで開発をいたしました。
私達には、既存のネット証券にない2つの強みがあります。

(1)低コスト・・・オープンソースを主体とした自社開発システム、ビジネスフローの簡素化、少人数による運営
(2)高度な技術力・・・国内唯一のシングル・サインオン(ログインID一元管理方式)の実現、日本初の「ウェブサービスAPI」の公開等

結果として、業界最低水準の手数料体系を実現しています。しかしながら、手数料が安いことは顧客満足度を上げる上で非常に重要ですが、ただ手数料が安いだけでは、いずれ企業として存在価値が問われますよね。
私達の最大の差別化は今回実現した「ウェブサービスAPIの公開」です。
これにより、多少プログラムの知識がある方は、オリジナルのシステムトレードツール(自動売買ソフト)を開発し、接続出来ます。
つまり、今まで機関投資家やヘッジファンドしか出来なかったプログラムによる「システムトレード」が個人投資家でも可能になるのです。

Posted at 22時21分 パーマリンク


2007年04月18日(水)

InteractiveBrokers、ウェブサイト・ソフトウェアが日本語に対応し、日本語サポートも開始 [海外]

画像(180x140)

InteractiveBrokers

世界中60ヶ所の取引市場で取引可能な米国の証券会社InteractiveBrokersは日本語を母国語とするユーザーの増加に伴い、ホームページが日本語に対応し、日本語版トレーダーワークステーションも同ウェブサイト上の「ソフトウェア」メニューよりダウンロード可能に。また、日本時間午前9時から午後7時までの間アジアカスタマーサービスデスクにて日本語サポートも開始。

▼InteractiveBrokers(日本語版)

Interactive Brokers LLCのホームページへようこそ。この度、日本語を母国語とするお客様の増加に伴い、日本語のホームページを設立することとなりました。さらに、日本語版トレーダーワークステーションも当ウェブサイト上の「ソフトウェア」メニューより、ダウンロードいただけるようになります。また、日本時間午前9時から午後7時までの間アジアカスタマーサービスデスクにて日本語サポートを行っております。今後ともよりよいサービスをご提供できるよう努めて参りますので、引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます

Posted at 22時17分 パーマリンク


2007年04月10日(火)

ひまわり証券、シストレ専用サイト「システムトレードSTYLE」オープン、投資顧問業務も開始 [225先物]

画像(180x134)

システムトレードSTYLE

ひまわり証券株式会社は、4月10日からシステムトレードの専門サイト「システムトレードSTYLE」をオープン、また同日より投資顧問(助言)業務(関東財務局長 第1642号 登録年月日 平成18年12月27日)を開始。

オープン後第一弾サービスとして、有料の情報提供サービス「デリスクプレミアム」を開始。「デリスクプレミアム」は投資顧問契約に基づいて提供する証券デリバティブ取引の投資助言サービスで、ひまわり証券投資情報室が開発した売買ロジックに従った売買指示や、独自のネットワークを通じて得られた貴重な情報などを提供。

▼システムトレード専用サイト「システムトレードSTYLE」オープン(PDF)
▼システムトレードSTYLE

個人投資家にこそシステムトレードをひまわり証券では、海外では人気が高いものの日本ではまだ馴染みの薄いシステムトレードをこれからの投資スタイルとして個人投資家の皆様に提案してまいります。
システムトレードとは、過去のデータの分析から導いた一定のルール(売買ロジック)に従って売買する方法のことで、海外では機関投資家だけでなく個人にも人気の高い取引手法です。システムトレードを用いれば、売買の判断はもちろんのこと、取引で最も重要なリスク管理を容易にすることができます。また、過去の相場データを使って売買ロジックの有効性を検証することができるため、プロとの経験の差が埋められ安定的に長く投資を楽しんでいただけることにつながります。

Posted at 18時49分 パーマリンク


2007年03月05日(月)

ISID、マネックス証券向け日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツールを構築 [証券]

画像(180x134)

YesStock Inc.

株式会社電通国際情報サービス(東京都港区、資本金:81億8050万円、代表取締役社長:水野紘一、略称:ISID)は、マネックス証券株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:松本大、以下:マネックス証券)のリアルタイム・トレーディングツール『マネックストレーダー』シリーズを構築。本システムの稼動は2007年4月を予定。なおシステムトレード機能は、韓国において多数の導入実績のあるYesStock Inc.(代表者:Jooh Dokko)のプロダクトを採用。

▼ISID、マネックス証券向け日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツール『マネックストレーダー』シリーズを構築
▼電通国際情報サービス(ISID)

<YesStock会社概要>
社名 : YesStock Inc.
代表者 : CEO Joon Dokko
本社 : 2F, Heiju Bldg., 837-7, Yoksam-Dong, Gangnam-Gu, Seoul, Korea
U R L : http://www.YesStock.com/
設立 : 1991年
資本金 : 7億7,000万ウォン
連結従業員 : 25人
連結売上額 : 20億ウォン(2006年) 
事業内容 : ・証券投資情報のプログラム開発・システムトレードの開発及びASPサービス・証券投資情報のコンテンツサービス(売買シグナルサービス)

Posted at 16時02分 パーマリンク


2007年03月03日(土)

マネックス証券、システムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツールを提供 [証券]

画像(180x134)・拡大画像(500x374)

マネックストレーダーα

マネックス証券株式会社は、2007年4月を目処に、日本の証券会社で初めて、リアルタイム・トレーディングツールに日本株のシステムトレード(自動売買)機能が付いた「マネックストレーダープロα」を含む「マネックストレーダー」シリーズの提供を開始。システムトレード機能については、韓国において実績のあるYesStock Inc.(代表者Jooh Dokko)のシステムを採用。

▼日本初のシステムトレード機能付きリアルタイム・トレーディングツール 「マネックストレーダー」シリーズの提供について(PDF)
▼マネックス証券

▼日本初!システムトレード機能(マネックストレーダープロα のみ)
日本で初めて、リアルタイム・トレーディングツールに、日本株のシステムトレード機能を実装しました。独自のプログラミング言語でプログラミングすることにより、プロ並みのシステムトレード(自動売買)を可能にしました。お客様の投資戦略を過去のデータを使ってシミュレーションした上で自動売買に用いることが可能です。また、標準搭載されている約80種類のプログラムストラテジー(売買ロジック)を選択したり、組み合わせたりすることもできます。

Posted at 15時10分 パーマリンク


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル

ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

 

2007/4

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

タイコム証券、システムトレードツール「スナイパープロ」を開発、自動発注機能は今夏リリース予定

タイコム証券、システムトレードツール「スナイパープロ」を開発、自動発注機能は今夏リリース予定

ひまわり証券、シストレ専用サイト「システムトレードSTYLE」オープン、投資顧問業務も開始

ひまわり証券、シストレ専用サイト「システムトレードSTYLE」オープン、投資顧問業務も開始

マネックスグループ、米国NASDAQ上場のネット証券TradeStation Group株式を取得し米国進出へ

マネックスグループ、米国NASDAQ上場のネット証券TradeStation Group株式を取得し米国進出へ

カテゴリーリスト

最近のリリース

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.