システムトレード徹底攻略
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2007年12月05日(水)

自動売買システムを作ろう。Tradestation 2000i



EasyLangauge で自動売買システムを作るまでをご紹介。

EasyLangauge エディタでシステムを記述。

まずは、EasyLangauge エディタを開き、メニューから "new" をクリック。ファイル名を決めて、"Signal" を選択します。つまり売買シグナルを出すプログラムをこれから書くというわけです。

画像(320x220)・拡大画像(500x345)

例題として、簡単な平均移動線の交差システムを書いてみました。

画像(320x143)・拡大画像(488x219)

MA1 = 20, MA2 = 30 と初期化しておいて、Average(close,20), Average(Close, 30) で移動平均線を計算しています。この20と30の移動平均の交差時に、buy, Sell 命令が実行されることが分かるかと思います。

プログラムを入力したら、最後に "F3" キーを押して、プログラムをコンパイルしましょう。F3 キーを押すことで文法的な間違いなどを、トレステが指摘してくれます。これは、必ずしなければならないことです。間違いを的確に指摘してくれるので、なかなか便利です。

プログラムは難しい?

やり始めて、すぐに書ける人は誰もいないと思います。私も最初の2ヶ月ぐらいは、チンプンカンプンでしたからね。

まあ、最初は、上のような、勝てそうにないシステムを何個か練習で入力していくうちに、徐々にいろいろなことを覚えていくものです。根気よくやってみてください。

文法は、案外簡単です。半年ぐらい時間を見ておけば、たいていの人は、オリジナルシステムを書けるようになるでしょう。

StrategyBuilder を使いこなす。

トレードステーションでは、何種類かの投資シグナルのプログラムをチャート上で同時に実行させることができます。そのため、実行させたい "Signal" をひとつの「箱(strategy)」に入れるような作業があります。これが、StrategyBuilder です。

まあ、さっそくやってみましょう。これはやらないと動きませんので、、(笑い

メニューから StrategyBuilder を選択します。ポイントは、StrategyBuilder という「箱」に、先ほど作ったプログラムファイル(Signal)を "Add" (追加)することだけです。あとは、適当に OK, Yes を押して、最後まで完了させてしまいましょう。

画像(320x164)・拡大画像(639x328)

チャートに Strategy を適用する。

では、いよいよ、20,30の移動平均線システムをチャート上で動作させてみましょう。メニューから、[insert]->[Strategy]をクリックします。

画像(320x198)・拡大画像(496x307)

一覧から、Strategy( 箱 )の名前を選択すれば、チャート上に売買シグナルがでてきます。チャートには、移動平均線20,30も同時に引いてみました。ちょうど、交差しているときに、売買シグナルが表示されるのが分かるかと思います。

画像(320x307)・拡大画像(492x473)

なかなか楽しめるでしょ?

あれが、もうかる、、これが儲からない、、といろいろやるだけで、少なくとも2年は遊べますね。私の場合、すでに10年近くシステムトレードで、どっぷり楽しんでいますが、、

ご感想、ご意見はこちらまで。
nakayama@swingwaver.com


>>“システムトレード徹底攻略”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 09時16分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2007/12

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

Kazuhiko Nakayama

SwingwaverTrading社長

Kazuhiko Nakayama

Commodity Trading Advisor(米国投資顧問)、Tradestation社 EasyLanguageスペシャリスト。
米国株式先物S&P500 、シカゴ225のデイトレーダー。投資スタイルは、機械的なデイトレード・システムを使った完全自動売買。投資手法を完全にプログラム化した投資セミナーも開催。

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.