システムトレード徹底攻略
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2007年12月26日(水)

トレードステーション入門



トレードステーションに限界はない。

システムトレードを行う上で、世界中で最も多く、最も長く支持されてきたプラットフォームといえば、トレードステーションでしょう。最初のリリースからすでに10年以上、発展し続けています。私もすでに、トレードステーションとともに10年以上トレーディングを楽しんできています。

画像(281x320)・拡大画像(562x640)

トレードステーションに搭載された投資戦略記述言語 EasyLanguage は、完全な言語体系をもった普通のプログラム言語です。これが意味することは、投資戦略が論理的であれば、なんでも記述できるということです。

たとえば特定のテクニカルの組み合わせのみとか、記述できない投資戦略が存在する、、ということは基本的にはありません。投資戦略が、曖昧なルールでない限り、あなた自身の投資戦略のすべてをシステム化できるわけです。もちろん、プログラミング能力は、技術ですから、人によって作れる限界はあると思いますが、努力すれば何でも作れる環境がトレードステーションにあります。

投資戦略を記述するための専用言語として開発されましたが、やろうと思えば、物理学でも、統計学でも、数学でも、、、燃料電池の計算でも、熱伝導式でも、素粒子論物理学でいうクォークとハドロンのシミュレーションもできるかもしれません。(パソコンのスピードの問題でできないと思いますが、、ははは〜

つまりトレードステーションに搭載された投資戦略記述言語 EasyLanguage は、汎用的なプログラム言語であるため、基本的に限界はないわけです。

いや、本当をいえば、ありますが、まあ、通常は、そこまで到達できません(笑

トレードステーションでも記述できない戦略とは?

あらゆる投資戦略を記述できる訳ではなく、「曖昧な戦略」は記述できません。

プログラム言語自体、非常に論理的に組まれる物ですから、たとえば、チャートパターンが、Wトップになったら? 

という条件だけでは、一体どういったWトップなのか、分からないわけです。それでも、Wトップという「チャートパターンが描くの形」を「厳密に」、そして「数学的に」表現することができれば、Wトップというものを投資戦略として記述することができます。

EasyLanguage が得意な投資戦略は、RSI や 高値、安値といった数学的に厳密に記述できそうなテクニカルを使ったシステムです。

画像(320x162)・拡大画像(638x324)

なぜ、 EasyLanguage を使うのか?

Tradestation は、それ自体はコンピューター上で動くソフトウェアです。

残念ながら今のところコンピューターは、我々の心や考えを読む力がありません。そのため、何らかの手段で、我々の頭の中に描かれた投資戦略や、テクニカル解析手法をコンピューターに伝えなければなりません。伝えることができてこそ、始めてコンピューターによる投資戦略の解析や、自動売買が可能になるのです。

我々が考えている投資手法を、Tradestation に伝えるためのひとつの手段として、EasyLanguage と呼ばれるプログラム言語が用意されています。このプログラム言語は、投資戦略を書くために様々な工夫を備えており、トレーダーが投資戦略を記述するために必要なすべてを備えています。

簡単にいえば Easylanguage という翻訳を通じて、コンピューターに投資をやらせるわけです。

画像(320x236)・拡大画像(465x344)

EasyLanguage を使うことで、自分の投資戦略を簡単にコンピューターに伝えることが可能となります。市場データを判断材料として、自動で売買を行う投資戦略システムや、独自のテクニカル指標をチャートに表示するが可能になります。つまり、それは、あなただけの独自の解析ツールを生み出すことが可能なのです。

現在では、EasyLanguage は、世界中でとても多くのトレーダーに使われており、事実上の業界標準言語になっています。テクニカル指標や自動売買システムなど投資に関するアイデアを EasyLanguage で記述することで、世界中のトレーダーと投資のアイデアを交換することが可能になります。

たとえば、わたしのシステムを、アナタのパソコンで動かせば、同じように売買できるようになるわけです。これは、とても便利なことですね


>>“システムトレード徹底攻略”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 15時38分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2007/12

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

Kazuhiko Nakayama

SwingwaverTrading社長

Kazuhiko Nakayama

Commodity Trading Advisor(米国投資顧問)、Tradestation社 EasyLanguageスペシャリスト。
米国株式先物S&P500 、シカゴ225のデイトレーダー。投資スタイルは、機械的なデイトレード・システムを使った完全自動売買。投資手法を完全にプログラム化した投資セミナーも開催。

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.