システムトレード徹底攻略
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2008年03月04日(火)

移動平均線+サイン波の変動!?



チャートに、オリジナル指数を表示する。

ちょっと難解なプログラムをチャート上に表示してみましょう。

トレステに、テキストから価格データを読み込む方法は、以前、こちらで解説したので、それを参考にしてくださいね。

続いて、トレードステーションの本体に移動し、メインメニューから[insert]->[indicator]をクリックします。

画像(320x219)・拡大画像(467x321)

一覧から、先ほど作った、独自の奇妙なテクニカル解析のファイル「!MovingAverage」を選択して[OK]をクリック。

画像(320x218)・拡大画像(513x351)

このウィンドウは、作ったテクニカル解析のプロパティです。線の太さや、表現方法を変更できます。

今は、[OK]を押すのみ。

画像(320x229)・拡大画像(476x342)

すると、チャート上にこのような線が現れます。

画像(320x306)・拡大画像(467x447)

チャートと重ねるためには、マウス左クリックでつまんで、チャート上で離せば、このように重なりますね。

ねらい通り、移動平均線に、サイン波動が乗ってますね。これぞ、この世に一つだけのオリジナルですな。組み込みではあり得ません(笑

画像(320x306)・拡大画像(467x447)

インディケータのプロパティ

これは、線で表示されていますが、棒グラフや点線などにすることもできます。

ちょっと変更してみましょう。今回、描画したこの線をダブルクリックして、プロパティの内、この部分を変更します。

画像(320x229)・拡大画像(476x342)

で、[OK]を押せば、こんな表示になります。

画像(320x209)・拡大画像(458x300)

他にも、いろいろありますが、まあ線と棒グラフだけ、使えれば後はいらないです。あっても使わない機能です。

多彩な表現をしても、別に儲かるわけじゃないし、、、まずは、市場を分析するツールを最低限使いこなすことを目的にしましょう。


>>“システムトレード徹底攻略”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 13時22分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2008/3

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

Kazuhiko Nakayama

SwingwaverTrading社長

Kazuhiko Nakayama

Commodity Trading Advisor(米国投資顧問)、Tradestation社 EasyLanguageスペシャリスト。
米国株式先物S&P500 、シカゴ225のデイトレーダー。投資スタイルは、機械的なデイトレード・システムを使った完全自動売買。投資手法を完全にプログラム化した投資セミナーも開催。

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.