シストレツールPICK☆UP
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2011年05月05日(木)

【シストレ書籍】
「コナーズの短期売買実践 シストレの心得と戦略」ローレンス・A・コナーズ(著)

画像(126x180)

FX、先物、株式のシステム売買のための考え方とヒント
短期売買とシステムトレーダーのバイブル!

本書は、『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』や『コナーズの短期売買入門』と同様に、システムトレーディングを目指すトレーダーにとって、最高の教科書となるだろう。また、自分だけの戦略や戦術を考えるうえでも、本書を読まないということは許されない。トレーディングのパターンをはじめ、デイトレード、マーケットタイミングなどに分かれて解説された本書は、儲けることが難しくなったと言われる現在でも十分通用するヒントや考え方、システムトレーダーとしてのあなたの琴線に触れる金言にあふれている。


ローレンス・A・コナーズ(Laurence A. Connors)
TradingMarkets.com の創設者兼CEO(最高経営責任者)。1982年、メリル・リンチからウォール街での経歴をスタートさせ、ドナルドソン・ラフキン・ジェンレットのバイスプレジデントを経て、トレーディングを開始すると同時に、情報会社を設立。著書には『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』『コナーズの短期売買入門』(パンローリング)などがある。
監修者(長尾慎太郎)まえがき
本書はローレンス・A・コナーズの手による“The Best of the Professional Traders Journal”の邦訳である。コナーズと言えば、すでに日本でも『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』『コナーズの短期売買入門』の2冊の邦訳があるのでご存知の方も多いと思う。時間のたつのは早いもので、最初の『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』が世に出たのは今からもう12年も前であるが、私はそれを昨日のことのように思いだすことができる。
今でこそ実際の値動きに基づいたルールベースの短期トレードというのは日本でも当たり前になった観があるが、当時は日本国内でそれを実践している人は皆無に近かった。そのため、それを解説した日本で最初の書籍である『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』の翻訳・出版は、当時としては衝撃的な出来事であったし、それは個人投資家のみならず多くのマーケット関係者に驚きを持って迎えられた。

ところで、『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』は今では百数十冊を数えるパンローリングのウィザードブックの記念すべき第1号として出版された。ここに記しておきたいが、本書をはじめ個人投資家向けの優れた相場書籍を多く擁するウィザードブックシリーズが生まれ世に出たのは、優れた相場師でありかつ器量の大きなビジネスマンである後藤康徳という天才と、相場好きで職務に対するストイックなまでの責任感を持つ阿部達郎というたぐいまれな編集者が出会ったおかげである。彼らの翻訳に関する熱意が多くの関係者を動かし、トレードに関する実用的な教科書として驚くべき高い品質を持ったウィザードブックシリーズを作り出したのである。私は微力ながらその事業に参加できたことを誇りに思っている。

振り返って考えると、その最初の試みとしてコナーズの著書を選んだのは真に正しい選択であった。前述したように本書を含めて彼の著書の邦訳を都合3冊出版することになったが、それらはどれも私たちが自信を持って読者にお薦めできる実践的なトレードの教科書である。何よりコナーズの邦訳をいつも真っ先に読めることになった私は幸せであった。本書もトレーダーの皆さんの期待を裏切るようなことはけっしてないと私は断言する。 翻訳に当たっては以下の方々に心から感謝の意を表したい。翻訳者の山下恵美子氏は丁寧な翻訳を実現してくださった。そして阿部達郎氏にはいつもながら丁寧な編集・校正を行っていただいた。また本書が発行される機会を得たのはパンローリング社社長の後藤康徳氏のおかげである。

Posted パーマリンク

2010年09月27日(月)

【シストレ書籍】
「FX投資家のためのMT4逆引きハンドブック」FXPG(著)

画像(126x180)

自動売買を自在にコントロール MQL4言語の機能がすぐわかる!
FX自動売買システム構築の定番ソフトが「MetaTrader4」です。本書は、「MetaTrader4」に搭載されているプログラミング言語「MQL4」の逆引き形式の解説書です。 自動売買システムの構築に必要な、MQL言語の知識をこの1冊に集約しています。サンプルコードも豊富に用意されており、サンプルコードで個々の機能を実際に確認しながら学習していくことができます。 FX自動売買システムを構築したい方にとって、ぜひ手元に置いておきたい書籍です!


著者 FXPG
FXPGは、小松信貴と小松芳史によるチーム名。
今回の執筆を担当した小松芳史は、近畿大学理工学部卒業。大学卒業後、大手メーカー系のソフトウェア開発会社に入社。現在も第一線でプログラムの設計・開発に携わっている。 FXに関しては2005年頃より勉強し、現職であるプログラム開発の経験を生かして、メタトレーダなどのソフトウェアを使った完全自動売買システムのプログラム構築を行っている。
編集者のコメント
MQL言語にはFXの自動売買システムに必要な、さまざまな関数や定数が用意されており、それを概観するのも一苦労です。本書では、そんな複雑なMQLの言語の関数や定数を、目的から探せるようにしています。本書を使えば必要な関数や定数に「最短距離」で到達できるのではないかと思います。

Posted パーマリンク

2010年06月01日(火)

【シストレ書籍】
「使える売買システム判別法」山本克ニ(著)

画像(180x134)

確率統計で考えるシステムトレード入門
システムトレードで最も重要なのは、「これまでの実績」ではない。「これからの実力」を見極め、“常勝チームの監督”になることだ。本書では、信頼区間、仮説検定、T検定、二項分布といった手法から、システム の本質的な「リスク」と「リターン(期待値)」を推定する方法について紹介。



山本克二(やまもとかつじ)
1960年生まれ。投資システム分析家。システム開発、統計解析のスペシャリス ト。FXや先物など、さまざまな投資対象についてシステムトレードという切り口 で研究。独自のトレード手法を発表している。数学的理論をベースにしながら も、分かりやすい解説に定評がある。著書に『FX自動売買システムトレード入門』(あさ出版)がある。

Posted パーマリンク

2009年09月29日(火)

【シストレ書籍】
「FXメタトレーダー実践プログラミング」豊嶋久道(著)

画像(126x180)・拡大画像(141x200)

MetaTrader4の売買システム開発過程を段階的に学ぶ
今やFXトレーダーの常識となった大人気ソフト「メタトレーダー4」。リアルタイムの相場表示はもちろんのこと、多彩なテクニカル指標、仮想売買、独自指標の作成、売買システムの構築と検証、自動売買、口座管理まで、およそトレーダーが求めるであろう機能を兼ね備えた理想的なソフトである。本書はメタトレーダーブームの火付け役となった『FXメタトレーダー入門』の続編として、前作では詳しく触れることができなかったメタトレーダーの強力なプログラミング機能をできるだけ多く紹介。



豊嶋久道(とよしま・ひさみち)
1965年山口県生まれ。1988年慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業。1993年慶應義塾大学大学院博士課程修了。博士(工学)。大学生のころからC言語プログラミングに親しみ、実用系のフリーソフトウェア、シェアウェアを公開。2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めた売買システムの研究を行っている。主な著書に『FXメタトレーダー入門』(パンローリング)がある。

ブログ:基礎から学ぶシステムトレード

Posted パーマリンク

2009年04月21日(火)

【DVD・ビデオ】
DVD「システムトレード、アイデアと実践」講師:一角太郎氏

画像(127x180)

シストレードは投資家どうしの知恵比べ、いかに優位になれるのか
世の中にはファンダメンタルズ指向、テクニカル指向のトレーダーと色分けをしたがるけれど、トレードは利益を生むための行為で何でもよい。しかし、お金自体を投じてする以上、利潤なしでは継続はできないので、ビジネスと同じであろう。市場に参加しているトレーダーもあらゆる知恵を絞り利益追求をしているはずである。その、知恵比べが=売買ノウハウがトレードの勝敗を決めてゆく。それをシステム化しトレーディングする。


一角太郎
証券投資から、パフォーマンスがよく安定したトレードを追求し、システムトレーディングに目覚める。 商品での独自のシステムを研究し、年率200〜300%以上をたたき出す。 月ベースでは勝率100%というシステムトレードを実践制作し、その商先でのシステムトレードのすばらしさや相場の心理面など自らBlogも発信。 また、国際バンキングシステムのコンサルティングや開発経験を数多く手がけ、世界の主要な金融都市を飛びまわった経験をもつ。 IT会社の経営や教育事業、CRM(顧客満足マーケティング)の専門家という別の顔をもち著作も多い。

Posted パーマリンク

2009年03月09日(月)

【シストレ書籍】
「ニンジャトレーダー入門」兼平勝啓(著)

画像(126x180)

トレード教育ソフトで世界を制す!
ニンジャトレーダーは、米デンバーのIT企業、ニンジャトレーダー社が開発した「多機能売買ソフト」。世界70以上の市場を扱うインタラクティブ・ブローカーズ証券をはじめ、100を超える証券、先物、FX会社が対応している。
では、これだけ優れたソフトが、日本では「知る人ぞ知る」存在なのはなぜか。その最大の理由は、日本語版がないからである。本書の目的は、そうした英語の壁をできるだけ取り除き、ニンジャトレーダーの魅力を紹介することにある。


兼平勝啓(かねひら・かつひろ)

京都府出身。滋賀大学経済学部卒業。手数料が低く、制度や流動性が充実した海外市場に魅力を感じ、ニンジャトレーダーでデイトレードを実践している。裁量トレード、システムトレード、アルゴリズムトレードをそれぞれ探求しており、裁量ではスキャルピングが主である。
ニンジャトレーダー人気の秘密

1.無料でトレードの練習ができる
2.板情報を含む相場データを記録再生できる
3.プログラムの知識がなくても売買システムが作れる
4.シンプルな本体画面
5.多種多彩なチャート
6.板画面から「半」自動売買が可能
7.売買システムの検証・最適化ができる
8.完全自動売買が可能
9.株式・先物・FXなど多様な市場に対応
10.複数のブローカーに対応

Posted パーマリンク

2008年12月16日(火)

【シストレ書籍】
「FUTURES JAPAN 08年12月号:システムトレードでデリバティブ」MKニュース社

画像(126x180)・拡大画像(141x200)

特別企画 システムトレードでデリバティブ
急拡大する「自動売買取引」

Futures Japanは、米「Futures」誌と提携した投資情報誌です。Futures Japanはデリバティブを活用したリスク管理/収益機会拡大のための具体的手法と哲学(リスクと収益の考え方)を提示し、新たな投資家層にその啓蒙と普及を促す情報誌をめざします。


2008年12月号目次

特別企画 システムトレードでデリバティブ
急拡大する「自動売買取引」
FJインタビュー CFDはオンライン取引中心に大きく拡がる
北山久行 オリックス証券 代表取締役社長

TOPIX先物・オプション
10分の1にサイズダウンしたミニ長期国債先物取引(ミニJGB先物取引)
〜2009年3月23日より開始予定

FM report
2009年日本:先物業界カムバックの年?

米Futures誌より
応用テクニカル分析 単純だが重要な移動平均線

Trader Profile
熱さに耐える〜ハーバート

海外金融先物を正しく学ぶ
いま、年率15%の収益を出す秘密とは。「ゼニス・リソーシズ」 ヒロ・ヒガキ

ハッピーリタイアメントへのパスポート〜銀座ホステスのオフショアの手帖
なぜ分散投資をするのか? 浅川夏樹

Posted パーマリンク

2008年03月19日(水)

【DVD・ビデオ】
DVD「ここまで出来るtradesignal入門ガイド」 講師:岡本祐志氏

画像(127x180)

トレードシグナルとは?チャンスを逃さないリアルタイム価格データ、多彩なチャート分析機能、オリジナル売買ルールの構築、強力なバックテスト機能、そして売買システムの自動運用。世界最大のデリバティブ取引所「EUREX(欧州金融先物取引所)」の国、ドイツが生んだ、システムトレードに必要な全ての機能をオールインワンで備えた、システムトレードのプラットフォーム機能を提供する最先端のアプリケーションソフトです!本DVDはその使い方の基本からコツまでを具体的に紹介しています。


Posted パーマリンク

2008年03月06日(木)

【DVD・ビデオ】
DVD「システムトレード運用術」 講師:斉藤正章氏

画像(127x180)

システムトレードとは明確な「ルール」に基づいた規律ある売買である。過去のデータから検証することにより統計的な根拠を得たトレードが出来るためシステムトレードが注目されている。しかし良いシステムを発見できれば必ず儲かるといった誤解もあるようだ。またシステムは永久に機能するわけではない。
本DVDでは、システムトレードで成功するための重要なエッセンスと、実践で有効なアイデアを、いくつかの検証結果とともに公開する。検証によって得られたアイデアは、誰もが投資のヒントとして活用できるはずだ。

■斉藤正章氏からのコメント
トレードで良い成績をあげるために必要なことは何でしょうか?
「売買ルール」「資金管理」「メンタルコントロール」とはよく言われることですが、実際のところ、本当の意味でこれを理解できている人は少ないのではないかと思います。
なぜなら、優れたトレーダーたちの技術は非常に感覚的・直感的で、私たち一般のトレーダーには再現が困難なことがあげられます。
そこで、私がシステムトレーダーとして、ささやかながら皆さんのお手伝いをさせていただくことができるとすれば、これらを具体的な数字でお見せすることです。

本DVDでは、
「1.シンプルな売買ルールを使い」
「2.機械的な資金管理で運用すると」
「3.どのような結果が得られるか」を詳しく解説します。

また、今回は新たにパフォーマンスを大きく左右する「フィルター」についても触れたいと思います。
まったく同じトレード手法でも、ルールの微調整やフィルターを利用することによって、ここまで劇的にパフォーマンスが変わるということを実感していただければ幸いです。
斉藤正章(さいとう・まさあき)
2001年から投資資金100万円弱から株式投資をスタートし、システムトレードにより、2006年資産1億円を突破。膨大なバックテストに基づき下げ相場でも勝ち続けることの出来る投資手法を開発する。多数のマネー誌でも活躍中。著書に『株 勝率80%の逆張りシス テムトレード術』、DVDに、『DVD 最も利益を生むシンプルな戦略 斉藤正章の究極のトレード実践セミナー』、『DVD 裁量トレードの成績を飛躍的にアップする システムトレード戦略』がある

Posted パーマリンク

2007年12月04日(火)

【DVD・ビデオ】
DVD「資産一億円を稼ぐ思考術とシステムトレード戦略」 講師:山口祐介氏

画像(127x180)・拡大画像(142x200)

システムトレードが裁量トレードよりも群を抜いて優れている点、それは「検証」だと山口氏はいいます。
検証をすることによって、その戦略が優れているものなのか、劣っているものなのかをトレード前に判断することが可能になります。つまり、不必要なトレードを排除し、使い物にならないシステムにリアルマネーをつぎ込むことがなくなります。本セミナーでは、システム構築例を具体的に出しながら、ルールの設定の仕方、その考え方など、勝てるシステムを構築する一連の流れをご紹介します。

講師/山口祐介(やまぐち・ゆうすけ)
1975年生まれ。外国為替証拠金会社数社でカバーディーリング業務に従事。2006年に独立。為替、株式、商品などのトレーディングで生計を立てる。FXのシステムトレードで作った1億円で早くもセミリタイヤし、子育てと投資のゆったり生活を送る。 現在はディーリングの知識や10年を超える個人トレーダーとしての経験を生かし、個人投資家の教育や啓蒙活動を主な目的としたSHARK FUNDを主宰。多くの個人トレーダーからの支持を得る。主な著書に『相場で負けたときに読む本〜実践編〜』『相場で負けたときに読む本〜真理編〜』『外為FX (外国為替証拠金取引) 勝者の条件』がある。

Posted パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ツール・書籍・DVD検索


カテゴリーリスト

PHOTO

「自動売買ロボット作成マニュアル」 森田佳佑(著)

「自動売買ロボット作成マニュアル」 森田佳佑(著)

「トレーディングシステム徹底比較」 ラーズ・ケストナー(著)

「トレーディングシステム徹底比較」 ラーズ・ケストナー(著)

「トレーディングシステム入門」 トーマス・ストリズマン(著)

「トレーディングシステム入門」 トーマス・ストリズマン(著)

「コナーズの短期売買実践 シストレの心得と戦略」ローレンス・A・コナーズ(著)

「コナーズの短期売買実践 シストレの心得と戦略」ローレンス・A・コナーズ(著)

「使える売買システム判別法」山本克ニ(著)

「使える売買システム判別法」山本克ニ(著)

「勝利の売買システム」 ジョン・R・ヒル(著)

「勝利の売買システム」 ジョン・R・ヒル(著)

DVD「システムトレード、アイデアと実践」講師:一角太郎氏

DVD「システムトレード、アイデアと実践」講師:一角太郎氏

「FUTURES JAPAN 08年12月号:システムトレードでデリバティブ」MKニュース社

「FUTURES JAPAN 08年12月号:システムトレードでデリバティブ」MKニュース社

DVD「見てさわってわかる! トレードシグナル入門」 講師:西村貴郁氏

DVD「見てさわってわかる! トレードシグナル入門」 講師:西村貴郁氏

DVD「短期システム売買実践セミナー」講師:成田博之氏

DVD「短期システム売買実践セミナー」講師:成田博之氏

最近の記事

投資家向け専門店メニュー

[ 投資戦術 ]

[ 対象市場・商品 ]

[ 製品・サービス ]

スポンサードリンク

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.