シストレツールPICK☆UP

シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2007年05月29日(火)

【DVD・ビデオ】
DVD「Yes! Easy! 簡単プログラミング【中級・応用編】 」 講師:西村貴郁氏

画像(126x180)・拡大画像(141x200)

アイデアを検証して売買する最強ツール作成法
売買プログラムの基礎を勉強した投資家であれば、次は必ずご自身なりのシステムを構築してみたいはずでしょう。中級・応用編の最後では、投資家の皆様が一度は聞いたことがある「チャネル・ブレイクアウト戦略」、「移動平均のクロスオーバー戦略」「レンジ・ブレイクアウト戦略」等の代表的な投資手法の中から、「レンジ・ブレイクアウト戦略」を例に挙げ、順を追ってプログラムを実際に検証、構築していきます。


■プログラム【中級・応用編】

パラメーターの設定(1)〜(6)
Inputs(インプッツ)を使えば計算不要 らくらく自動計算
Averageという用語は便利な言語。
10日間の終値ベースで移動平均値を求めるには・・・

ファンクション
プログラム上には予め用意されている関数があります。それを「ファンクション」と呼びます。Excelにも予め用意されている関数(例えば、Sumなど)があり、同様のもの。プログラムには様々なファンクションが用意されているため、それらを活用することで、プログラムの作業効率もあがる。

パラメータ
過去の10日間の終値ベースの平均値の日数を、15日間に変更して検証するなどをことなパラメータを変えるといいます。変数のこと。

変数の設定(1)〜(3)
Variables(バリアブルス)を使って独自の変数を設定
終値が前日の高値に前日の価格幅の50%を加算した価格よりも高い場合、成り行きで1株買いとは・・・

システム構築 プログラム化
Variables(バリアブルス)を使ってシステムを構築
パフォーマンスサマリー
Inputs(インプッツ)を使ってシステムを構築
チャネル・ブレイクアウト戦略システムを構築



ページのトップへ ページのトップへ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

[ 投資戦術 ]

[ 対象市場・商品 ]

[ 製品・サービス ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhiConcept,Inc. All rights reserved.