基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2010年05月24日(月)

プログラムの字下げスタイル [プログラミング]



ランダムウォークとランダムトレードの記事の続きを書こうかと思ったのですが、プログラムの説明で気になったことがあったので、ちょっと寄り道です。

CやMQL4のプログラムでは、for文で繰り返す部分や、if文で条件分岐する部分を「{ }」で囲ってブロック化し、その中身を字下げ(インデント)して見やすくします。

この字下げのスタイルが色々あるので、ちょっと調べてみました。

参考にしたのはWikipediaのこのページです。

まず、Cのプログラムでよく使われるのが、次のスタイルです。

for(i=0; i<10; i++){
func1();
func2();
}

これは、K&Rスタイルと呼ばれ、ブロック開始の「{ 」はfor文に続けて書き、ブロック終了の「 }」は別の行としてfor文の頭に揃える書き方です。

K&Rというのは、知る人ぞ知るC言語の開発者のカーニハンとリッチーの頭文字を取ったものです。C言語の参考書やサイトでは、たいていこのスタイルで説明してあります。

一方、MT4にサンプルでついてくるMQL4プログラムでは、次のような字下げスタイルでプログラムが書かれています。
for(i=0; i<10; i++)
{
func1();
func2();
}

このスタイルでは、「{ }」はそれぞれ独立した行となり、さらに「{ }」自身が数文字分字下げされます。GNUスタイルと呼ばれているそうです。

ところで、私がブログや書籍などで紹介しているプログラムでは、次のようなスタイルを使っています。
for(i=0; i<10; i++)
{
func1();
func2();
}

これは、GNUスタイルと同じく「{ }」はそれぞれ独立した行になりますが、「{ }」自身の字下げはしません。BSD/オールマンのスタイルと呼ばれているそうです。

最近のMicrosoft Visual Studio中のC++、C#のサンプルプログラムなどでも使われているので、目にすることもあるかと思います。

個人的には、ブロックの範囲が見た目でわかりやすいので、プログラムの解説としてちょうどいいかなと思い、使っています。

以上、3種類のスタイルを紹介しましたが、どういうスタイルを使うかは好みの問題です。

自分流のプログラムのスタイルを身に付けるのも、プログラムの習得において重要な過程だと思います。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 10時58分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2010/5

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

値動きのヒストグラムからわかること

値動きのヒストグラムからわかること

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.