基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2011年08月01日(月)

[MT5]標準のトレイリングストップ [MetaTrader5]



今回は珍しくEAジェネレータの話ではありませんが、次回以降の準備として、MT5に標準搭載されているトレイリングストップの機能について説明しておきます。

簡単に言うと、MT5のトレイリングストップの機能は、MT4のものとほぼ同じです。

オーダーと同時にトレイリングストップを有効にすることはできす、一旦、オーダーを送信した後で、トレイリングストップを設定したいオーダー上で右クリックをしてサブメニューを表示させます。そこで、「Trailing Stop」を選択し、さらにポイント数を選びます。

画像(450x178)・拡大画像(800x318)

この画面では45pointsから90pointsまで5points刻みで選べるようになっていますが、その下の「Custom」を選ぶともっと細かく設定することができます。

このpoints数の単位は、価格の最小刻みなので、価格の表示が小数点以下5桁の場合、50pointsは従来の5pipsと同じです。

MT5に標準搭載されているトレイリングストップの働きは以下のようになります。

例えば、1.44000の買いポジションに、50ポイントのトレイリングストップを設定した場合、価格が1.44050を超えて含み益ができたときに、その高値から50ポイントほど下の価格にS/Lオーダーがセットされます。そして、価格が上がっていくと、常に高値から50ポイント下の価格にS/Lオーダーが移動していきます。

価格が逆に下がってもS/Lの位置は変わらないので、価格が下がって、S/Lオーダーにヒットすれば、そのポジションは決済されます。

これが、通常のトレイリングストップの動きですが、このままだと、トレイリングストップをセットしても価格がポジションに反対の動きをとってしまうと、S/Lオーダーがセットされずに含み損が大きくなってしまうことになります。

EAで自動売買させる場合、含み益が出た場合だけでなく、含み損の状態でもS/Lの位置を適切に移動させる必要があります。

ということで、次回はEAジェネレータのトレイリングストップについてお話しする予定です。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 17時22分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2011/8

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

Excelでヒストグラムの作成

Excelでヒストグラムの作成

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.