基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2011年12月13日(火)

最近はやりのオプション取引 [オプション取引]



このブログも始めてから3年半になります。たまには昔を懐かしんでみると、新しい発見があるかもしれません。

ということで、このブログを過去に遡ってみました。

すると、3年前にオプション取引のテーマを展開していました。参考のため、オプション取引に関する記事をリストアップしてみます。

オプション取引って何?
なぜFXオプション?
オプションの価格
満期時のオプション価格
満期時のオプションの損益
オプションの買い手と売り手の違い
オプション価格の時間価値
オプションの本質的価値と時間価値
オプションの時間価値の変化
ボラティリティとオプション価格
二つのボラティリティ
金利差とオプション価格
コールとプットの違い

その中の記事でこんなことを書いていました。

国内の業者でFXオプションに対応しているのは現在、以下の2社です。

SVC證券(http://www.svcsec.com/)
サムライFX(http://www.samurai-fx.com/)

FXオプションは金融機関や機関投資家の間では普通に行われている取引です。

今後、FX人口が増えるに従い、個人でもFXオプションを始める人も増えていくことでしょう。

これは将来の予測ではありませんか!で、3年経ってどうなったでしょうか?

試しに「FXオプション」というキーワードでサーチしてみました。

お、色々と出てきますね。ただ、よく見ると「バイナリーオプション」という言葉が多いです。

最近、FX業者でオプション取引は流行ってきてはいるものの、どうやら私が予測した普通のオプション(これを「バニラオプション」と言います)ではないようです。

逆に3年前にFXオプションに対応していると紹介した業者は既にFXオプション取引から撤退しています。代わりに次の2社で取引が行われています。

サクソバンクFX証券(http://www.saxobank.co.jp/)
カカクコム・フィナンシャル(http://kakakufx.com/)

オプション取扱い業者は2社で変わらずということで、流行っているとは言い難い状況です。

やはりバニラオプションは、コール、プットの売買など、かなり複雑な取引になってしまうので、敷居は高いままということですね。

その複雑な部分を単純にして初心者でもわかりやすくしたのが、最近流行りだした「バイナリーオプション」なんですね。

ここで、「バイナリー」というのは2進数の意味です。2進数は0か1ですから、上がるか下がるかある価格にタッチするかしないか、といった2択の賭けを行うオプション取引なのです。

確かに考え方は簡単ですが、初心者が手軽に始めていいものでしょうか?次回はバイナリーオプションのメリット、デメリットについて考えてみます。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 16時37分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2011/12

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

ランダムウォークとランダムトレード(5)

ランダムウォークとランダムトレード(5)

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.