基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2012年09月24日(月)

MT5で両建てシステム(10)〜複数のチャートでの仮想ポジション [MQL5]



前回、仮想ポジションを使って売買のテストをするスクリプトを作ってみました。

今回は、複数のチャート上でそのスクリプトを実行させ、それぞれのチャートで独立して売買ができるかということについて見てみます。

その前に、前回のプログラムのままでは、どのような仮想ポジションがあるのかが構造体変数の中身を見ないとわかりません。

そこで、新規注文が約定したときに、Comment()文でチャートの左上に仮想ポジションのロット数と約定価格を表示させることにします。

また仮想ポジションが決済関数により決済されたら、その表示は消すものとします。この情報により、仮想ポジションの有無を判断します。

プログラムの追加点としては、OrderSendMarket()の最後のreturn(true)の前に

Comment(MyPos.lots, " lots at ", MyPos.price);

を追加、OrderClose()の最後のretrun(true)の前に

Comment("");

という行を追加するだけです。

では、テストを実行するために同じ通貨ペアの二つのチャートを開いておいてください。

ここでは、USDJPY 15Mのチャートを二つ使ってみます。

まず、一つ目のチャートにスクリプトを挿入します。そして、成行買い注文を実行して、買いポジションを建ててみます。

すると、このチャートの左上に

0.1 lots at 78.108

と表示されます。これは仮想買いポジションを表します。

またチャートの真ん中に緑の破線が見えます。これは実際のポジションを表します。この時点では仮想ポジションと実際のポジションは一致しています。

画像(450x241)・拡大画像(800x430)

このスクリプトはここで止めておき、次に2番目のチャートに同じスクリプトを挿入します。

但し、こちらのプログラムでは、マジックナンバーを変える必要があります。下のダイアログボックスのように、

MAGIC_B = 1002
MAGIC_S = 1003
EAname = Script2

の部分を変更します。

画像(450x180)・拡大画像(719x288)

この変更を行った後、2番目のチャートのスクリプトを実行します。今度は売り注文を送るため、最初の二つのメッセージボックスではキャンセルを押して注文をスキップします。そして、売り注文のところでOKを押して成行売り注文を送信します。

これが約定すると、仮想の売りポジションができているはずです。チャートを見ると確かに左上に

-0.1 lots at 78.099

と表示されています。ロット数がマイナスなのは売りポジションなので、確かにこのチャートでは仮想売りポジションが建っていることがわかります。

一方、実際のポジションはというと、案の定消えています。
しかし、それぞれのチャートでは、買いポジション、売りポジションが建った、いわゆる両建ての状態になっています。

画像(450x241)・拡大画像(800x430)

こんどは、2番目のチャートの仮想売りポジションを決済してみます。メッセージボックスでOKを押すと、決済関数が実行され、仮想ポジションは決済されます。

チャートで見ると下のようになり、左上のポジションの情報は消えています。なので、このチャートでの売りポジションは決済されたことになります。

しかし、最初のチャートの仮想買いポジションは残っているので、それが実際のポジションとして表示されます。

画像(450x241)・拡大画像(800x430)

最後に、最初のチャートの仮想買いポジションを決済すると、すべての仮想ポジションと実際のポジションがなくなり、最初の状態に戻ります。

こんな感じで仮想ポジションは、マジックナンバーさえ変えておけば、それぞれのチャートで独立して管理することができるのです。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 14時34分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2012/9

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

値動きのヒストグラムからわかること

値動きのヒストグラムからわかること

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.