基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2012年12月04日(火)

ATC(自動売買コンテスト)から [シストレ一般]



前回紹介したMQL4、MQL5コミュニティサイトの「Championship」のリンクをクリックすると、「Automated Trading Championship」というサイトが現れます。

ここは、MetaQuotes社が主催しているEAの自動売買コンテストのサイトです。

2006年から開催されており、当初はMQL4のEAのコンテストでしたが、2010年よりMQL5のEAのコンテストになっています。

このサイトではEAのコンテストの統計的なデータを見ることができます。

まずは参加者数の推移ですが、

2006年 258
2007年 603
2008年 705

2010年 314
2011年 395
2012年 451

となっています。

2007年、2008年とMT4の普及に合わせて参加者数は急増していますが、その後、MT5をリリースし、2009年は、MQL4からMQL5への移行期間ということで開催されませんでした。

MQL5のEAに対象を変更して2010年に再開されましたが、まだMQL4の頃の参加者数には達していません。MT5の普及がそれほど進んでいないためだと思われます。

またこのサイトでは、トップ画面でEAのトップ10の資産曲線のグラフを見ることができます。

数ヶ月で資産が何倍にも増えているEAに目がいきがちですが、そういう少数のデータは、ばらつきも大きいので統計的にはあまり参考になりません。

参考になりそうなのは、以下の毎回定期的に掲載されている記事です。

2012年 http://championship.mql5.com/2012/en/news/188
2011年 http://championship.mql5.com/2011/en/news/108
2010年 http://championship.mql5.com/2010/en/news/44
2008年 http://championship.mql4.com/2008/news/455
2007年 http://championship.mql4.com/2007/news/278
2006年 http://championship.mql4.com/2006/news/63

だいたいコンテスト開始から1ヶ月後の結果について色々なデータを掲載しています。

これらのページで最初に表示されるグラフは、1ヶ月後に勝っているEAと負けているEAの割合です。

FXってゼロサムだから半分くらいは勝っていると思うかもしれませんが、実際には負けている方が多く、勝っているEAは全体の30%から40%程度しかありません。

スプレッドのコストでマイナスサムになるので、ランダムにトレードしても半分以上は負けるのですが、それとそう変わりない結果となっています。

他に、トレード対象の通貨ペアのデータが色々と掲載されています。

年によって多少異なりますが、毎回、EUR/USDのトレードが圧倒的に多いことがわかります。これは現実のトレードの傾向と同じです。

さらに複数の通貨ペアの割合などのデータもあります。興味のある方は色々と調べてみるとよいでしょう。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 17時45分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2012/12

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

ランダムウォークとランダムトレード(5)

ランダムウォークとランダムトレード(5)

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.