基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2009年06月23日(火)

FXレートの桁数について [MetaTrader4]



皆さん、こんにちは。

梅雨ですね。梅雨と言えば、梅雨空のようにはっきりしない相場のことを「梅雨相場」と言うそうです。

特にじりじりと安い相場のことを言うようですが、これは株式とかの場合でしょうか。

FXだと、一方の通貨が安ければ、他方の通貨が高くなるので、単に安い相場という言い方はしませんね。

ということで、今回は、超基本に戻ってFXレートについてです。

言うまでもないことですが、FXの価格というのは二つの通貨の比のことですね。

例えば、USD/JPYの価格というのは、1ドルが何円かということですし、EUR/JPYの価格というのは、1ユーロが何円かということです。

このように外貨が何円に相当するのかを表す場合、1ドル96.85円だとか、1ユーロ133.32円だとか、小数点以下2桁で表すことが多いですね。

ただFXの場合、外貨同士の取引もできるので、その場合、1ユーロ=1.3858ドルだとか、1ポンド=1.6469だとか、小数点以下4桁で表すこともあります。

FXの価格の桁数は、これまでは、整数部が1に近い通貨ペアでは、小数点以下4桁、整数部が100に近い通貨ペアでは、小数点以下2桁で表すのが普通でした。

小数点以下の桁数が違っても、1.0000に対する0.0001と100.00に対する0.01は同じ割合なので、精度はだいたい同じというわけです。

ここで、0.0001、あるいは0.01のように値動きの最小単位のことを、FXではpip、あるいは複数形でpipsと呼びます。

ところが、最近、小数点以下の桁数が5桁、あるいは3桁で表す業者が出てきました。つまり、EUR/USD=1.38586、USD/JPY=96.854のように表すのです。

こうなってくると、値動きの最小単位が0.00001、あるいは0.001となるので、pipの値が変わってくるのではという心配があります。

ただ今のところ、桁数の違う表現が混在しても混乱しないように、1pipはこれまで通り0.0001、あるいは0.01を表すようになっています。

つまり、小数点以下5桁目は、0.1pipのようにpipの精度を小数点1桁までと細かくしているのです。

このように1pipの値が変わらなければ、小数点以下が4桁でも5桁でもそう違いはありません。

ただ、MetaTrader4の場合、FXレートの桁数についてちょっと注意する点があります。長くなったので詳しくはまた次回。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 20時46分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2009/6

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

相場はランダムウォーク?

相場はランダムウォーク?

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.