基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2009年06月30日(火)

MT4でのFXレートの桁数 [MetaTrader4]



FXレートの話の続きです。

メタトレーダー4を採用している業者でも、以前は下の図のようにFXレートは小数点以下4桁と2桁だけでした。

画像(160x324)

最近は下図のように5桁と3桁の業者も増えてきました。

画像(159x303)

個人的には小数点の桁数が多いと数値が読み取りにくいので、あまり好きではありません。

実際、FXレートが0.0001、0.01刻みで動いていたところが、その10分の1の細かさの0.00001、0.001刻みに動くわけではなく、1ティックで動く値幅はそれほど違いはありません。

5桁/3桁を採用した業者では、買値と売値の差のスプレッドを1.8pipsのように小数点1桁まで細かくしているということを売りにしているようです。

このスプレッドの話は別の機会に詳しくお話しします。

ところで、メタトレーダー4の場合、値動きの最小単位は、pipではなく、point(ポイント)という言い方をしています。

4桁/2桁の場合、pointという単位はpipと同じ意味だったので、どちらを使っても違いはありませんでした。

しかし、5桁/3桁の場合でも、pointは値動きの最小単位を表すので、1point=0.00001、あるいは1point=0.001となります。

つまり、1pip=10pointになるのです。

通常のマニュアルオーダーでは、ポイントで指定することはあまりないかもしれませんが、例えば、下のオーダー画面を見てください。

画像(337x166)・拡大画像(759x376)

画面の下の方にポイントを指定する箇所があります。

これは、提示価格との最大誤差、いわゆる「スリッページ」のことです。

ここで、3ポイントと指定しているのは、提示価格から3ポイント、つまり0.03円まで価格がずれても売買を成立させるという意味です。

ここで、5桁/3桁の業者では、ちょっと注意が必要です。

5桁/3桁の業者でも、同じくこのスリッページを3ポイントと指定すると、実際には0.003円のずれしか許容しないということになってしまいます。

つまり、0.3pipsのずれしか許容しないので、取引が成立しないケースも増えてきます。

結局、3pipsのスリッページにしたい場合には、5桁/3桁の業者では、ポイントの値は10倍の30ポイントにしないといけないことになります。

このようなポイントの違いの問題は、実際にはMQL4プログラムで頻繁に現れます。

プログラムの話は長くなるのでまた別の機会に。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 14時20分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2009/6

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

値動きのヒストグラムからわかること

値動きのヒストグラムからわかること

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.