基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2009年08月11日(火)

スワップ金利 [シストレ一般]



FXでは、トレードによる損益と別に、スワップ金利の受け取り、あるいは支払いという損益が発生します。

これは、通貨ペアの金利差によるものですが、通常受け取りよりも支払いの方が高くなっています。

例えば、AUD/JPYの1万通貨単位の買いで、50円のスワップ金利の受け取り、売りで60円の支払いといった具合です。

支払いの方が高いというのは、業者の手数料といったところですが、スワップ金利の設定も業者によってかなり違いがあります。

日本では、外貨預金の延長でFXを始める人が多いからかもしれませんが、各FX業者はスワップ金利を宣伝材料に使っていますね。

単純に金利差で言うと、ドル0.25%、円0.10%とほとんど差がないのですが、ドル円の1万ドル買いで10円のスワップを受けとれる業者もあります。

年率換算すると0.365%と金利差としてはあり得ない率になっています。

それに対して、買いのスワップ0の業者や、買いも売りも支払いという業者すらあります。

それぞれ顧客の投資方法に合わせた手数料体系を取っているのでしょう。

ところで、このスワップ金利を使ってシステムトレードできないかと考えたことありませんか?

夏休みモードなので、続きは来週に。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 17時39分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2009/8

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

Excelでヒストグラムの作成

Excelでヒストグラムの作成

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.