基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2009年09月29日(火)

MQL4をマスターするために [プログラミング]



メタトレーダーのプログラミング言語MQL4は、C言語を基に開発されています。なので、C言語を知っている人にとっては、非常に理解しやすい言語です。

逆にC言語を知らない人にとっては、非常にとっつきにくい部分があります。正直言って、プログラミングの経験が全くない人にとっては、MQL4でプログラムを作成するのは至難の業だと思います。

2年前に出した拙著「FXメタトレーダー入門」では、プログラミングをやったことのない人にもMQL4が理解できるようにと書いたつもりでしたが、後からいただいた色々なご意見を総合すると、評価してくれた人はやはり、C言語などのプログラミング経験者でした。

プログラミング未経験者にとっては、後半のプログラミングの話はさっぱりで、入門にしては難しすぎるというご意見が多かったです。

しかし、どんな言語でもプログラミングをマスターするためには、日ごろの積み重ねが重要です。英語などの外国語をマスターするのと同じことです。

儲かるシステムが簡単に見つからないのと同じように、プログラミング言語を簡単にマスターする方法はありません。それなりの時間と努力が必要です。

そういう意味では、MQL4をマスターするための最短コースは、まずC言語をマスターすることではないかと考えました。

いきなり、カスタム指標やエキスパートプログラムを作るのではなく、まず、プログラミングの基礎をしっかり身に付けるということです。

そういうことで、次回からC言語についてお話ししたいと思います。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 17時53分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2009/9

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

相場はランダムウォーク?

相場はランダムウォーク?

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.