基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2009年10月06日(火)

なぜC言語か? [プログラミング]



前回の記事で、メタトレーダー4のプログラミング言語MQL4をマスターするためには、C言語のマスターが最短コースという話をしました。

それはなぜかというと、C言語の初心者向けの本や、サイトがたくさんあるからです。

C言語は、コンピュータの世界では基本的なプログラミング言語です。今では情報系の大学や専門学校ではほとんど必修として学びます。語学で言えば、英語のようなものだと思っていただければ結構です。

要するに、C言語を勉強したい人はたくさんいるので、そういう人向けの書籍やサイトが充実しているというわけです。

それに引き換え、MQL4プログラミングに関する情報は、以前より増えたとは言え、まだまだ少ないのが現状です。

もし、MQL4が既存のプログラミング言語と全く関連がなく、独自のものであったら、ここまで普及はしなかったのではないかと思います。

MQL4は確かに難しいプログラミング言語ですが、C言語と関連させることで、かなり効率よく勉強することができます。

聞いた話によると、MQL4の習得を目的として、C言語プログラミングの教室に通っている人もいるそうです。

まあ、そこまでお金はかけられないという人も多いでしょうから、C言語学習のための無料サイトをご紹介します。

初心者のためのポイント学習C言語

これは、専門学校でC言語を教えていらっしゃる先生が作成されたサイトです。図表を使ってとてもわかりやすく書かれています。

またC言語のプログラミングを無料でやってみたい人には以下のサイトをご紹介します。

タダで始めるC/C++プログラミング for Windows

コンパイラ、IDE、SDKなどとわけがわからない言葉が並んでいますので、どこから手を付けてよいかわからないかもしれません。

MQL4をマスターするためのC言語プログラミングの環境としては、その中の「MinGW」というのがお手軽だと思います。

長くなるので、詳しくは次回説明します。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 16時13分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2009/10

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

ランダムウォークとランダムトレード(6)

ランダムウォークとランダムトレード(6)

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.