基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2008年06月04日(水)

ツールの紹介(OpenOffice.org) [無料ツール]



前回紹介したMetaTrader4は、プログラミング機能も含んだ非常に多機能なツールなので、システムトレードに関するたいていのことはできてしまいます。

ただ、チャート上でのデータの処理だけでなく、過去に遡った大量のデータを統計的に処理したり、複数の相場の関連を調べたりといったちょっと複雑な処理をしたい場合、別のツールが必要となってきます。

プログラミングが得意な方でしたら、CやC++、Javaなどのプログラムで処理したり、もうちょっと簡単にはPerl、Rubyなどのスクリプト言語を使って処理することもできるでしょう。

しかし、プログラミングをしたことがない人にとっては、これらを使いこなすのは至難の業です。

システムトレードに限らず、ちょっとしたデータ処理を行うのにてっとり早いツールは、やはりExcelなどの表計算ソフトでしょう。

ところが、Excelを含むMicrosoft Officeのソフトは、Windowsパソコンを買ったら必ず付いているわけではなく、たいていは有料オプションで追加したりします。

どうしてもお金が足りないという場合は、追加しない場合もあるかと思います。(あんまりないかな)

ここでは、そういう人のために、Microsoft Officeの一連のソフトの代わりになるソフトを紹介します。

  OpenOffice.org
  http://ja.openoffice.org/

これはMicrosoft Officeとほぼ同じことのできるソフトです。しかも無料です!

MetaTrader4と同じくダウンロードしてインストールすればすぐに使うことができます。

OpenOffice.org には以下の複数のソフトが入っています。

  • Writer - Wordに相当
  • Calc - Excelに相当
  • Impress - PowerPointに相当
  • Base - Accessに相当
  • Draw - 図形ツール
  • Math - 数式ツール

ソフトの構成はMicrosoft Officeと多少異なりますが、これだけ入っていて無料とは驚きです。

しかも、Microsoft Office 2003までのファイルに対応していて、同じファイルを読み書きすることができます。

現在利用できるバージョンは2.4.0ですが、現在3.0に向けて開発が行われているようです。

バージョン3.0では、Microsoft Office 2007のファイルに対応する予定らしいです。

今後は、MetaTrader4やOpenOffice.org Calcなど無料のツールを使いながら、システムトレードの実際について話を進めていく予定です。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 12時44分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2008/6

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

値動きのヒストグラムからわかること

値動きのヒストグラムからわかること

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.