基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

2009年12月30日(水)

2009年を振り返って [シストレ一般]



早いもので2009年も終わりですね。

このブログも週1のペースだったのですが、何とか続けられました。今回が52回目です。

当初はFXオプション取引の記事の続きも予定していたのですが、今年はメタトレーダーの本の執筆をしていた関係で、システムトレードやプログラミングの記事が中心となりました。

ただ、著書の内容とかぶっちゃいけないと思い、どれも中途半端になってしまいました。申し訳ありませんでした。

その代わり、著書で紹介したプログラムの動作確認をするために、色々なトレードシステムを試すことができたので、最後にその辺の話を。

やはり、システムトレードは闇雲に作っても簡単には利益の出るシステムはなかなか見つけられません。しかし、その中にわずかですが使えそうなシステムも紛れています。

これはたまたま見つかる場合もありますが、原石の良し悪しというのも重要です。

良い原石、つまり、簡単なシステムでもある程度のパフォーマンスが得られるシステムであれば、磨けばすばらしいシステムになる可能性があります。

しかし原石が悪ければ、磨いてできたシステムは見た目はいいかもしれませんが、単なるカーブフィッティングを施しただけというものがほとんどです。

システムトレードの開発は、簡単なシステムでも利益の出るシステムと相場の組み合わせを見つけ、カーブフィッティングにならないよう、損失の出る要素を削っていくという作業だということができるでしょう。

ただ、システムの良し悪しというのは絶対的に評価できるものではなく、個人的な好みによって違うものです。

「人まねでない自分だけのトレードを実現するために」

今年出したメタトレーダー本の帯に書かれているキャッチコピーです。

これは私が考えたものではないのですが、結構気に入っています。

来年もこのコピーを目指して情報を発信していけたら、と思います。

それでは皆様、よいお年を。


>>“基礎から学ぶシステムトレード”全記事バックナンバーはこちらから




Posted at 13時40分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

2009/12

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

PHOTO

実際の相場におけるランダムウォーク

実際の相場におけるランダムウォーク

カテゴリーリスト

最近の記事

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.