基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

著書のご紹介

2012年12月04日(火)

ATC(自動売買コンテスト)から [シストレ一般]

前回紹介したMQL4、MQL5コミュニティサイトの「Championship」のリンクをクリックすると、「Automated Trading Championship」というサイトが現れます。

ここは、MetaQuotes社が主催しているEAの自動売買コンテストのサイトです。

2006年から開催されており、当初はMQL4のEAのコンテストでしたが、2010年よりMQL5のEAのコンテストになっています。

このサイトではEAのコンテストの統計的なデータを見ることができます。

まずは参加者数の推移ですが、

2006年 258
2007年 603
2008年 705

2010年 314
2011年 395
2012年 451

となっています。

2007年、2008年とMT4の普及に合わせて参加者数は急増していますが、その後、MT5をリリースし、2009年は、MQL4からMQL5への移行期間ということで開催されませんでした。

MQL5のEAに対象を変更して2010年に再開されましたが、まだMQL4の頃の参加者数には達していません。MT5の普及がそれほど進んでいないためだと思われます。

またこのサイトでは、トップ画面でEAのトップ10の資産曲線のグラフを見ることができます。

数ヶ月で資産が何倍にも増えているEAに目がいきがちですが、そういう少数のデータは、ばらつきも大きいので統計的にはあまり参考になりません。

参考になりそうなのは、以下の毎回定期的に掲載されている記事です。

2012年 http://championship.mql5.com/2012/en/news/188
2011年 http://championship.mql5.com/2011/en/news/108
2010年 http://championship.mql5.com/2010/en/news/44
2008年 http://championship.mql4.com/2008/news/455
2007年 http://championship.mql4.com/2007/news/278
2006年 http://championship.mql4.com/2006/news/63

だいたいコンテスト開始から1ヶ月後の結果について色々なデータを掲載しています。

これらのページで最初に表示されるグラフは、1ヶ月後に勝っているEAと負けているEAの割合です。

FXってゼロサムだから半分くらいは勝っていると思うかもしれませんが、実際には負けている方が多く、勝っているEAは全体の30%から40%程度しかありません。

スプレッドのコストでマイナスサムになるので、ランダムにトレードしても半分以上は負けるのですが、それとそう変わりない結果となっています。

他に、トレード対象の通貨ペアのデータが色々と掲載されています。

年によって多少異なりますが、毎回、EUR/USDのトレードが圧倒的に多いことがわかります。これは現実のトレードの傾向と同じです。

さらに複数の通貨ペアの割合などのデータもあります。興味のある方は色々と調べてみるとよいでしょう。

Posted at 17時45分 パーマリンク


2012年05月01日(火)

トレーダー向けの出版物について [シストレ一般]

プログラミングの記事が続いたので、今回はプログラムコードの出てこないお話を。

最近、日本でもシステムトレードは一般に知られるようになってきました。システムトレードに関する書籍や、雑誌も書店に並んでいます。

ただ、システムトレードに関して詳しく調べようとすると、パンローリング社から出版されている海外の投資本の日本語訳や、海外の情報そのものに頼らざるを得ないというのが現状です。

もちろん、日本でトレーダー向けの良書がないわけではありませんが、絶対数が圧倒的に少ないのだと思います。

ところで、海外ではトレーダー向けの雑誌の一つに「Active Trader」というのがあります。米国では一般の雑誌と並んでニューススタンドで売られており、かなりポピュラーなもののようです。

この雑誌、システムトレードに関する記事も豊富です。そんなに難しい理論分析はされていないのですが、明らかに初心者向けではなく、中級者以上向けの内容となっています。

残念ながら、この雑誌はオンラインベースでは提供しておらず、印刷物のみなので、日本で購読するには郵送料などが必要となります。

ちなみに、以前にこのブログで紹介したことのある、FX関連の無料オンラインマガジンCurrency Trader Magazine」もActive Trader Magazine から出版されています。こちらはオンラインなので簡単に入手できます。

日本でもこのレベルの雑誌が出ないかなと思っているのですが、まだ自分で売買システムを構築するトレーダーの数が少ないのでしょうね。

このままだと、システムトレードに関しても、日本はガラパゴス化するのではないかなと思います。

Posted at 14時46分 パーマリンク


2012年01月10日(火)

コピートレード [シストレ一般]

今回からまた一つのテーマを何回かに分けて連載していきます。年明け1回目のテーマは「コピートレード」です。

コピートレードとは、文字通りとればトレードをコピーするということですが、トレードをコピーってどういうことでしょうか?

トレードというのは、口座単位で行うものなので、ある口座で行われたトレードと全く同じ内容のトレードを後から別の口座で行ったかのようにコピーすることはできません。

実際には、ある口座でトレードが行われたら、その直後に同じトレードを別の口座で行うということになります。ただ、他人の口座のトレードを勝手に見ることはできないので、登録されたトレーダーの行ったトレードを自分の口座で実行してくれる商用サービスとして利用することがほとんどでしょう。

具体的には、ZuluTrade、MirrorTrader、Currensee、Collective2のように、多くのトレーダーの中からいくつかを選んでコピーするものや、個別の売買システムをコピーするものまで様々なサービスがあります。

しかしここでは、そのようなサービスを個別に紹介するわけではありません。

今回のテーマで想定しているのは、自分の持っている複数のMT4/MT5口座間でトレードをコピーするということです。

例えば、あるEAのパフォーマンスが業者Aではよいが、業者Bではあまりよくないとします。ここで、そのEAを業者B用にチューンアップすることも考えられますが、もし、業者Aと業者Bの売買スプレッドが同等であれば、業者Aのトレードを業者Bにコピーすれば、ほぼ同じパフォーマンスが得られると考えられます。

別の例としては、MT5でEAを作成したものの、リアル口座で運用したい業者がまだMT5に対応していない場合、そのEAをMT5上で動かし、そのトレードをMT4にコピーする、ということも考えられます。

商用のコピートレードサービスでは、不特定多数の口座にトレードをコピーするため、ネットワークを経由したシステムになりますが、ここでは、自分のPCなり、VPS上で複数のMT4、MT5を立ち上げた状態でのコピーを想定しています。

なので、あまり難しい技術を使うことなく、MQL4、MQL5のプログラミングの範囲内でできることを中心に説明していきたいと思います。

Posted at 16時23分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

活動状況・Website

ToyolabFX
Toyolab FX-手ぶらで為替取引
FXトレーディング研究所。
FXメタトレーダー入門
FXメタトレーダー入門
最先端システムトレードソフト使いこなし術。
FXメタトレーダー実践プログラミング
FXメタトレーダー実践プログラミング
システム開発過程を段階的に学ぶ。

2017/8

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

ランダムウォークとランダムトレード(6)

ランダムウォークとランダムトレード(6)

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.