基礎から学ぶシステムトレード
シストレブログ人気ランキング  

シストレ徹底攻略シストレマスターへの道ワールド・トレーディング・エッジ基礎から学ぶシステムトレードシストレニュースシストレツールシストレナビTOPへ

 

著書のご紹介

2011年12月20日(火)

バイナリーオプションについて雑感 [オプション取引]

今回は、最近流行りのバイナリーオプションについての雑感です。

バイナリーオプションは、基本的には2者択一という考え方なのですが、いくつかのバリエーションがあります。

ここでは、最もわかりやすい「ある価格より上がるか下がるか」に賭けるバイナリーオプションについて考えてみます。

このオプションは、ラダーオプションと呼ばれたり、単にハイ/ローと呼ばれたりします。

取引画面の一例です。これは24option.comという業者の画面ですが、特にこの業者を推奨するというわけではありません。たまたま見つけただけです。

画像(450x119)・拡大画像(800x212)

この例だと、ユーロ/ドルの現在のマーケット値を基準にして、それより上がるか下がるかを予想します。

満期時刻が10分から30分後に決められているので、その時刻に現在値より上がってると思えば、「ハイ(高)」のオプションを買い、下がっていると思えば「ロー(低)」のオプションを買うだけです。

ここで購入するオプション価格は自分で決めることができ、上の例では100ドルで購入することになります。

それで予想が当たれば、180%が返ってくる、つまり、180ドルが返ってきますが、最初に100ドル支払っているので、利益は180−100=80ドルとなります。

逆に予想が外れた場合、何も返ってきませんが、最初に払った100ドルだけが損失となるわけです。

つまり、この種類のバイナリーオプションでは、利益、損失ともに限定されているということになります。

これに対して普通のオプション(バニラオプション)の場合、コール、プットの売買を個別に見れば、買いの場合、損失限定、売りの場合、利益限定というように利益と損失のどちらかが限定という形になります。

しかし、権利行使価格の異なる二つのコールの売りと買い、または権利行使価格の異なる二つのプットの売りと買いという合成ポジションを作ると、下図のようなバイナリーオプションに似た損益曲線を実現することができます。(但し、横軸、縦軸の値は適当です)

画像(364x224)

この場合、二つの権利行使価格の間は損益が直線状に変化する点がバイナリーオプションとは違いますが、利益、損失ともに限定されるという点では同じです。

もし、バイナリーオプションがバニラオプションの合成で作られるとすれば、その価格はどうやって決まるでしょうか?

バニラオプションの各ポジションの価格はオプション相場の需給関係から決まります。通常のFXの売買と同じくオプションの売りと買いの価格差(スプレッド)がコストになりますが、それを除けば買いと売りとでどちらが有利ということはありません。なので、実際にはそのオプションには適正価格というものがあります。

それがバイナリーオプションでは利益、損失が固定されているので、利用者にとって適正な価格で提供されているのかがわからないというデメリットがあります。

もし、必要以上のコストがかかっているとすれば、相当優位性のある戦略で臨まなくては勝ち目がないということになります。

一方、バイナリーオプションのメリットは、満期までの時間がバニラオプションに比べて圧倒的に短いということでしょう。

バニラオプションの満期は1週間から1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と長いのに対して、バイナリーオプションは10分かそこらで結果がでます

短期的に優位な戦略があればトレード数を重ねることで利益を大きくすることができるかもしれません。

但し、戦略が優位かどうかはシステムトレード同様、バックテスト、フォワードテストなしには判断できません。

そのようなテスト環境や自動売買ができる環境が整ってくれば、バイナリーオプションもシステムトレーダーにとって魅力のある手法になるのではないかと思います。

Posted at 17時44分 パーマリンク


2011年12月13日(火)

最近はやりのオプション取引 [オプション取引]

このブログも始めてから3年半になります。たまには昔を懐かしんでみると、新しい発見があるかもしれません。

ということで、このブログを過去に遡ってみました。

すると、3年前にオプション取引のテーマを展開していました。参考のため、オプション取引に関する記事をリストアップしてみます。

オプション取引って何?
なぜFXオプション?
オプションの価格
満期時のオプション価格
満期時のオプションの損益
オプションの買い手と売り手の違い
オプション価格の時間価値
オプションの本質的価値と時間価値
オプションの時間価値の変化
ボラティリティとオプション価格
二つのボラティリティ
金利差とオプション価格
コールとプットの違い

その中の記事でこんなことを書いていました。

国内の業者でFXオプションに対応しているのは現在、以下の2社です。

SVC證券(http://www.svcsec.com/)
サムライFX(http://www.samurai-fx.com/)

FXオプションは金融機関や機関投資家の間では普通に行われている取引です。

今後、FX人口が増えるに従い、個人でもFXオプションを始める人も増えていくことでしょう。

これは将来の予測ではありませんか!で、3年経ってどうなったでしょうか?

試しに「FXオプション」というキーワードでサーチしてみました。

お、色々と出てきますね。ただ、よく見ると「バイナリーオプション」という言葉が多いです。

最近、FX業者でオプション取引は流行ってきてはいるものの、どうやら私が予測した普通のオプション(これを「バニラオプション」と言います)ではないようです。

逆に3年前にFXオプションに対応していると紹介した業者は既にFXオプション取引から撤退しています。代わりに次の2社で取引が行われています。

サクソバンクFX証券(http://www.saxobank.co.jp/)
カカクコム・フィナンシャル(http://kakakufx.com/)

オプション取扱い業者は2社で変わらずということで、流行っているとは言い難い状況です。

やはりバニラオプションは、コール、プットの売買など、かなり複雑な取引になってしまうので、敷居は高いままということですね。

その複雑な部分を単純にして初心者でもわかりやすくしたのが、最近流行りだした「バイナリーオプション」なんですね。

ここで、「バイナリー」というのは2進数の意味です。2進数は0か1ですから、上がるか下がるかある価格にタッチするかしないか、といった2択の賭けを行うオプション取引なのです。

確かに考え方は簡単ですが、初心者が手軽に始めていいものでしょうか?次回はバイナリーオプションのメリット、デメリットについて考えてみます。

Posted at 16時37分 パーマリンク


2008年12月10日(水)

コールとプットの違い [オプション取引]

前回の記事では、FXオプションのコールとプットの価格の違いが通貨ペアの金利差により説明できるといういうお話をしました。

つまり、USD/JPYを始め、EUR/JPY、GBP/JPYなどたいていのクロス円ペアのように、スポットポジションの買いでスワップポイントがプラスになる通貨ペアでは、コールよりプットの方が高くなります。

しかし、実際のオプション価格がその通りになるわけではありません。

実際のオプション価格は、ブラックーショールズ方程式で求められるわけではなく、オプションの需給関係で求められるのです。

例えば、円高がさらに進行しそうだと考える市場参加者が多くなると、プットを買うという需要が高まります。

そうすると、プットの価格が理論値以上に高くなるということもあります。

需給関係でどちらかに偏っているかどうかはIVを算出してみるとわかります。

例えば、USD/JPYではUSDの方がJPYより金利が高いので、プット価格の方が高くなるのが普通です。

といっても、1ヶ月満期のATMのコールとプットのIVが20%と等しくなるのは、コールが2円、プットが2.05円とわずかな差でしかありません。

これよりコールとプットの価格が広がっている場合は、需給の関係でプットの方が理論値より高くなっている、つまりプットのIVの方がコールのIVより高くなっていることになります。

このようにオプション価格はブラックーショールズの方程式通りにはいかないことの方が多いのですが、そこがオプション取引の難しさであり、面白さなんだと思います。

Posted at 18時03分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

シストレナビモバイル

シストレナビモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

プロフィール

豊嶋久道

2003年よりFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めたトレーディングシステムの研究を行っている。システムトレードを基礎から正しく理解するための情報を発信する予定。

活動状況・Website

ToyolabFX
Toyolab FX-手ぶらで為替取引
FXトレーディング研究所。
FXメタトレーダー入門
FXメタトレーダー入門
最先端システムトレードソフト使いこなし術。
FXメタトレーダー実践プログラミング
FXメタトレーダー実践プログラミング
システム開発過程を段階的に学ぶ。

2017/3

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

相場はランダムウォーク?

相場はランダムウォーク?

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 PhiConcept,Inc. All rights reserved.